忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7
Posted by - 2017.11.21,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2012.10.14,Sun

「止まっていた時が動き出すかの様」


                                         [カット選出 まえちゃん ]

 sign / Ray
    作詞:KOTOKO
    作曲:折戸伸治
    編曲:高瀬一矢

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:長井龍雪
    演出:長井龍雪
  作画監督:田中将賀
    原画:岩瀧智 大舘康二 木本茂樹 島村秀一
       中村直人 斉藤敦史

    監督:長井龍雪
    制作:J.C.STAFF


 norito
 
[ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]
 タイトルこそ違えど、完全に「おねがい」シリーズの系譜だなあ。カメラ越しに捉えた光景が構成の大部分なのは見ていて面白いし、登場キャラの個性もしっかり出せていると思います。
 [ 作品観:A ]
 イチカが髪を檸檬に整えてもらってるシーンのりのんと交代したい。


 YoGAN
 
[ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]
 フィルム調の演出は、その「思い出」を見ている“誰か”の存在に感情移入させられ、言い知れない懐かしさがこみ上げてくる。最後の縁側で、好きな人の方向いているのも切ないなぁ。そして、りのんのおっぱいシェイクが最高です。
 [ 作品観:S ]
 最初のフィルムカットは、最終回の先輩のカットへつながるんですね!


 KYOU
 
[ 曲:8 映像:9 構成:8 総合:25 ]
 前半は登場人物を一人一人に焦点を当てて、モノトーンの映像からカラー映像へ移っていくのが、スチルから動画へ移行しているかのようで、物語のはじまりを感じさせる。後半の映画撮影のメイキングの様子がそれを確信させる。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 
[ 曲:8 映像:7 構成:9 総合:24 ]
 序盤、あえて色彩調整をぼかす手法が新鮮。絵はそれほど凄いというわけでもなく、曲もとびぬけて素晴らしいというわけではないけど、素人が映画を撮影しているという慣れないカメラワークっぷりが出てて微笑ましい。
 [ 作品観:A ]
 微妙な人間関係も表現されてるね。


 りじんぐ
 
[ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]
 アイドルを目指している娘達が、それぞれの事情を抱えつつ努力してアイドルになる事が一目でわかる、分かりやすい作り。でも、誰が主人公なのか分からず、あくまで集団アイドルとして描かれる。登場人物が多いので描写は無理だろうが物足りなさは残る。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:7 構成:6 総合:20 ]
 サビに入ってからの、8mmフィルムで撮影したのを意識した映像と、撮影中の1シーンを繋いだかのような演出が目を引きますね。ご当地アニメらしく背景描写にも力が入っているのがわかります。
 [ 作品観:B ]
 おねティの木崎湖ほどの魅力がないのが残念!


 上条あきら
 [ 曲:8 映像:7 構成:5 総合:20 ]
 夏の思い出と青春を撮影し残している感じが、OPだけでわかる。全体的に地味めな動きしかないが、田舎の自然を感じ取れる。曲と映像の切り替えもちょっと弱い。
 [ 作品観:- ]


 KING
 
[ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]
 いつか見たアニメみたいだね!タイトルに「Please!(おねがい☆)」って入ってないのはなぜですか~
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 
[ 曲:8 映像:7 構成:8 総合:23 ]
 フィルム調の映像は本編見た人なら意味が良くわかるのでは。おねがいシリーズに思い入れがある人なら何かしら感じるものがあるOP。(特に曲とか曲とかあと曲とか)
 [ 作品観:A ]
 過度なネタバレにならない程度に上手く表現されていましたね


 キルシェ
 
[ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]
 しょっぱなから色彩感覚を突いてくる画が面白いです。全体的に、フィルムで撮影されたという体の演出が個人的にツボでした。キャラの動きが少なめなのも、この場合には自然な感じがして良いのかも。
 [ 作品観:- ]


PR
Posted by YoGAN - 2012.10.14,Sun

「楽しめればこまけぇこたぁいいんだよ!」


                                          [カット選出 斬九 ]

  希望について / NO NAME from AKB48
    作詞:秋元康
    作曲:川浦正大
    編曲:野中雄一

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:河森正治
    演出:小野勝巳
  作画監督:伊藤郁子 井上英紀 いとうまりこ
    原画:相澤昌弘 今西亨 米田史亮 谷口明弘
       渡部善貴 杉村友和 栗原基彦 ロマン・トマ

    監督:平池芳正
   総監督:河森正治
    制作:サテライト


 norito
 
[ 曲:8 映像:7 構成:9 総合:24 ]
 アイドルを目指す少女たちにもそれぞれ背負う「何か」が見えて、サビからの怒涛の構成には圧倒されました。AKB曲もこうして聴くとアニソンとして違和感が無くて完成度の高いOP。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 
[ 曲:7 映像:9 構成:7 総合:23 ]
 襲名メンバーは3Dで研究生は2D描画。文字通り次元が違う世界なのか…。華やかなステージとそこに至るまでの茨の道。涙を流しながら、それでも彼女達が目指すものは…!というテーマがよく判る。キャラ相関をあと一歩詰めてくれれば。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 
[ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]
 曲については、やや反則気味な感が否めないが、映像をよく合わせてきていると思う。その分、構成面で高く評価しました。う~んでもやっぱりいろいろと反則っぽいと感じるのは、私だけでしょうか?
 [ 作品観:- ]


 斬九 イチオシ!!
 
[ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24+3 ]
 あこがれのアイドルを目指して、一生懸命励んでいくというストーリーがすんなり頭に入ってくる。実はアニメOPの基本をきちんと踏まえている。侮るなかれ、なかなかの良作です。
 [ 作品観:- ]


 りじんぐ
 
[ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]
 アイドルを目指している娘達が、それぞれの事情を抱えつつ努力してアイドルになる事が一目でわかる、分かりやすい作り。でも、誰が主人公なのか分からず、あくまで集団アイドルとして描かれる。登場人物が多いので描写は無理だろうが物足りなさは残る。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 
[ 曲:6 映像:6 構成:7 総合:19 ]
 冒頭のダンスシーンを含め、キャラクターのCGがいい動きしてますね!そこはさすがサテライトといったところで、アニメーションに見劣りしてない点が素晴らしいです。逆にアニメーションパートがそれほど面白みがないような……。
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 
[ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]
 さまざまな女の子達がアイドルを目指すのが、OP映像だけでわかる。ただ判子絵でキャラ数が多いので、主人公達アイドル目指す研究生?軍団と人気アイドル軍団の区別がつかない。目指すアイドル像との対比みたいなものがもっとハッキリわかると良かった。
 [ 作品観:- ]


 KING
 
[ 曲:7 映像:7 構成:6 総合:20 ]
 楽しそうなカットが中心の割に歌がシリアスで映像と分離してしまってますね。曲に合わせて躍らせてるではなくAKBだから躍らせてみました的なやっつけ感が漂ってるのがなんともはや。
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 
[ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 曲、映像、単体では特筆する点が見当たらないがやはり襲名メンバーのダンスシーンはカメラワーク含めてインパクトありますね、CGすごいです。
 [ 作品観:A ]
 楽しめればこまけぇこたぁいいんだよ!


 キルシェ
 
[ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]
 なにより、映像(CG)が綺麗。歌とシンクロしてる場面が特に。キャラの紹介的なシーンもキャラの描き分けが出来てるのでちゃんと区別できました。OPの役割の一つの、作品への導入という目的は果たせてると思います。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2012.10.14,Sun

「作画の美麗さは大きな武器だ」


                                         [カット選出 トール鉄 ]

  The Everlasting Guilty Crown / chelly
    作詞:ryo
    作曲:ryo
    編曲:ryo

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:荒木哲郎
    演出:田中洋之
  作画監督:加藤裕美 千葉崇明 長谷川ひとみ
 イメージボード:森山 洋
    原画:菊池聡延 牧原亮太郎 頂 真司 千葉崇明
       松島 晃 手塚響平 江原康之 徳野悠我
       古川知宏 吉川真一 幸田直子 中嶋敦子
       北原広大 大藤佐恵子
  動画検査:市万田千恵子
   色指定:渡辺夏海
  仕上検査:渡辺夏海
  制作進行:中武哲也

    監督:荒木哲郎
    制作:Production I.G 6課


 norito
 
[ 曲:6 映像:8 構成:6 総合:20 ]
 映像は綺麗なんだよね、映像は。ただ曲はアチャーな感がぬぐえないし構成は何を伝えたいのかが絞りきれてないのでちぐはぐな出来に感じてしまうのが残念でなりません。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 
[ 曲:8 映像:9 構成:7 総合:24 ]
 イントロから「崩壊」と歌うように、荒廃した世界でクライマックスしてます。全体的に厨二病なんだけど、衣装・背景の色彩感覚が素晴らしく、違和感抑え目。主軸二人に絞りきった構成も二期にはアリだが、俺のツグミの出番が!(*`Д´*)ノ
 [ 作品観:A ]
 最初と最後のカットのいのりが、ストーリーの結末をみせているのか。


 KYOU
 
[ 曲:8 映像:10 構成:8 総合:26 ]
 歌詞よりも曲に映像を合わせたタイプ。前半のゆったりした映像に対し、後半の矢継ぎ早い展開の対比に引き込まれる。その目まぐるしく展開されるシーンの中に物語の核心に触れる部分が仕込まれているような作りになっている。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:7 映像:9 構成:7 総合:23 ]
 世界がひどい有様になっているんだなという状況がとてもよく伝わってくる。作画の美麗さは大きな武器だね。それに曲が残念ながらついていっていないかなという印象。
 [ 作品観:B ]
 集の周りでほとんど生き残る中、祭だけ死んだ事が納得いかない。


 りじんぐ
 
[ 曲:5 映像:7 構成:5 総合:17 ]
 最初と最後の部分で同じシーンを描きつつ、希望を示しているのは好感できるが、中間は正直意味不明。二人を中心とした話の中に挿入される他の人物がストーリーに無関係でどんな番組なのか想像すらできないのは残念。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 
[ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]
 イントロのギターの音のインパクトが強烈で一気に映像に引き込まれます。物語の後半戦に際し、全体的に黒を意識した映像表現と、キャラクターの学園生活との対比も面白いです。
 [ 作品観:A ]
 いのりが歩き去る教室の様な日常はもう戻って来ない……


 上条あきら
 
[ 曲:6 映像:8 構成:6 総合:20 ]
 主人公とヒロインがいて、 ふたりで何かに戦うっぽいことと、二人の世界が出来上がっており、切れない絆みたいなものを感じました。ただ絵がキレイ。絵の奇麗さに頼りすぎで 「物語」として語る物が さほどないのか・・?ともとれるOPだった。
 [ 作品観:- ]


 KING
 
[ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]
 いかにも何かありました的なイントロから紅の少女が目覚めるシークエンスはストーリー感満点。彼女が求める少年と発動する力と周囲に蠢く様々な要素を画を重ねに重ねて畳みかけて来て最後に静かにピアノで〆る構成は美しいですね。
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 
[ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]
 アニメ未見なので世界観はよくわからないのですが主人公とヒロインの絆が重要なのかもしれないと思わせる内容。過度に曲と映像を合わせることをせず割と自然に仕上げた感のある綺麗なOPといった印象
 [ 作品観:- ]


 キルシェ
 
[ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]
 曲のサビのあたりから、映像の勢いと曲の盛り上がりとのシンクロが見ていて気持ちいいです。後半は、OPというよりも、悪い意味ではなく上手いMADムービーを見ている感覚でした。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2012.10.14,Sun

「女の子はこんなにも元気で可愛くて、笑顔が輝くのですよ」


                                         [カット選出 りじんぐ ]

 Let's go!スマイルプリキュア! / 池田彩
     作詞:六ツ見純代
     作曲:高取ヒデアキ
     編曲:籠島裕昌

 オープニングスタッフ
   絵コンテ:非公開
     演出:非公開
   作画監督:非公開
     原画:非公開

 シリーズディレクター:大塚隆史
     制作:東映アニメーション


 norito イチオシ!!
 
[ 曲:9 映像:10 構成:9 総合:28+3 ]
 イントロからアバンまでの躍動感の凄さだけで即座に個人的プリキュアシリーズOP最高傑作評価に。曲・映像・構成共に高レベルで、最初と最後をメイン5人の連続カットで揃えてるのも素晴らしい。
 [ 作品観:S ]
 5人の日常からプリキュアという非日常をうまく描いています。


 YoGAN イチオシ!!
 
[ 曲:8 映像:9 構成:9 総合:26+3 ]
 これぞ王道。揺るぎなし。女の子は、こんなにも元気で可愛くて、笑顔が輝くのですよ。曲のリズムと動きもパーフェクトマッチで、キャラの個性や役どころも一目で判る万全の仕上がり。あかねが可愛すぎますよ、どうしましょう。
 [ 作品観:S ]
 見ているだけでスマイルが溢れてきますね。


 KYOU
 
[ 曲:7 映像:8 構成:9 総合:24 ]
 曲と映像を合わせてきたため、構成面で高いポイントを獲得している。分かりやすい歌詞に明るい曲調、そこに映像を合わせてきているため、小さいお子さまにもよくわかる良作に仕上がっていると思います。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 
[ 曲:9 映像:9 構成:10 総合:28 ]
 スマイルがテーマなのでプリキュア達がとにかく笑顔。笑顔が1番だね。疾走感があってテンポもよく、そしてカッコイイ曲。作品名も歌詞に入っていてまさに王道曲。シリーズものだけど常に新鮮さがあって申し分なし。
 [ 作品観:S ]
 一人一人のスポットの当て方も完璧。


 りじんぐ イチオシ!!
 
[ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24+3 ]
 登場人物の5人を変身前・変身後で一人あたりのシーンは短いながらも、キャラクターの性格・特徴を描いておりこの後に始まる番組本編の予備知識として必要にして十分な情報を与えることに成功している秀逸な作りである。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄 イチオシ!!
 
[ 曲:9 映像:8 構成:8 総合:25+3 ]
 Aメロの中にでプリキュア5人の日常をしっかりと盛り込んだ構成と、サビ以降の変身後のプリキュア達のカッコ良い映像に脱帽!可愛いキャラとカッコいいキャラとのメリハリが付いてるのもいいですね。全体的にキラキラしてて眩しいです!!
 [ 作品観:S ]
 デュフwwデニムにチュニックのあかねちゃんの私服可愛いですw


 上条あきら イチオシ!!
 
[ 曲:9 映像:8 構成:8 総合:25+3 ]
 キャラ各自の雰囲気や性格がOPを見ているだけで分かる。担当する位置まで見えてくる。誰が見ても分かりやすいOP、魅力が伝わってくるものがキチンと出来ている。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]
 5人のヒロインにそれぞれ割り当てられたカットできちんと動いて魅せてくれる。これってなかなかできるものではないですね。止め絵で済ませる、済ませざるを得ない近年、プリキュアブランドの圧倒的なパワーを感じさせる王道OPです。
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 
[ 曲:8 映像:7 構成:9 総合:24 ]
 プリキュアは毎度毎度、曲と映像をしっかり合わせてくるなという印象があるのですが、今回はそれに加えて各キャラの印象を一瞬の表情でしっかり表現しようという意思みたいなものを感じました。一コマ一コマに力が入った良作品。
 [ 作品観:- ]


 キルシェ イチオシ!!
 
[ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26+3 ]
 5人のメインキャラの見せ方の配分がバランスよくできていて◎。揺るぎない安定感のようなものを感じ、安心して観ていられます。曲も、タイトル連呼の、これまた王道的な曲で、この作品とよく合っていると思います。
 [ 作品観:A ]
 5人の性格をよく表したOPですね。ピースのあざとくも(?)可愛い所とか。


Posted by YoGAN - 2012.10.14,Sun

「体が欠けちゃったり、髪が伸びたりと本編と繋がりがあってイイ」


       [カット選出 キルシェ ]

 白金ディスコ / 井口裕香
    作詞:meg rock
    作曲:神前暁
    編曲:神前暁

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:高津幸央
    演出:高津幸央
  作画監督:高津幸央
    原画:岡本真由美
  動画検査:田畑絵里子
    動画:今井友紀子
   色指定:勝野寛史
  CGディレクター:佐藤太郎
テロップ文字:目黒久美子
  制作管理:宮原悠貴
  制作進行:木内啓介

aアニメーション協力:ポイント・ピクチャーズ

    監督:新房昭之
    制作:シャフト


 norito
 
[ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]
 独特ともいえるシャフト風味の構成と、曲もキャッチーでうまく出来ているがつきひちゃんの歌唱力が足りなかったよ!というのが全体的な印象。何度も聞いてると味が出てくる曲ではあるかな。
 [ 作品観:A ]
 相変わらず主人公の影は薄い…。


 YoGAN
 
[ 曲:7 映像:6 構成:7 総合:20 ]
 イントロの「はードッコイ!」でKOされました。月火ちゃんの可愛さを前面に押し出したコンテに脱帽です。大掛かりな踊り・振り付けではないけれど、なぜかクセになる。浴衣でディスコとくるギャップもいいな。
 [ 作品観:B ]
 月火ちゃんのPVとしては素晴らしいです。


 KYOU
 
[ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]
 AKB0048とは違った意味で反則な感じがする…「あら、どっこい」 「あ、よいしょ」で度肝を抜かれるのは間違いなし。映像面では他の作品にない独特な世界観を醸し出している。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 
[ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]
 「はーどっこい。」「あーよいしょ。」フッ、合いの手だけでやられたぜ。まぁこれって月火がひたすら躍っているだけで、このオープニングだけ見るとどんな作品なのかさっぱりわからないんですけどね。
 [ 作品観:A ]
 月火しか出てないと思っていたら暦もいたんだね。


 りじんぐ
 
[ 曲:5 映像:6 構成:5 総合:16 ]
 カラフルな色の組み合わせを見ているのが楽しいが、単に踊っているだけで90秒が非常に長く感じる。そして、曲クレジットを見て、ああ盆踊りと思っていたのはディスコでのダンスだったのか、どうりで…と、釈然としないながらも、腑に落ちた。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 
[ 曲:8 映像:8 構成:6 総合:22 ]
 冒頭の「は~どっこい!」にヤラレました!盆踊りを彷彿とさせるメロディーラインと、それに合わせて髪型がコロコロ変わる月火ちゃんが可愛いです!このレベルの楽曲をコンスタントに提供できる神前暁は恐ろしいですね。
 [ 作品観:B ]
 本編自体、月火ちゃんの出番がそんなにあるわけではないですし


 上条あきら
 
[ 曲:7 映像:6 構成:6 総合:19 ]
 和の色づかいが目を引く。出だしから動画枚数の少なさから動きが硬め。音楽PV系の作りだけど少々雑。踊る動きをいろんな角度で見せただけで表情など同じ顔でつまらない。もっと女の子自身の魅力を全面に見せて欲しかった。
 [ 作品観:- ]


 KING
 
[ 曲:8 映像:7 構成:8 総合:23 ]
 はーどっこい!あ、よいしょ!と村祭り的な素朴さに和む一本。細かい事は置いておいても楽しそうに踊っている娘っ子を活き活きと描いているのはいいことです。スパッと終わるけどそれもまたいい味出してます。
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 
[ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]
 実にスタンダードなシャフト的OP。個人的には多少変化球な曲の方がシャフトのOPに合う気がします。とはいえあまりにスタンダードなのでインパクトが欠けてるのかなーというのが正直な感想。
 [ 作品観:A ]
 月火ちゃんの魅力がプラチナ満載!


 キルシェ
 
[ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]
 一人のキャラ(正確には二人ですが)で最後までやりきったのはお見事。楽曲も一度聴いたら耳に残る中毒性のある曲で、トリッキーな映像と合わさって、インパクトのあるOPになったと思います。
 [ 作品観:A ]
 月火の体が欠けちゃったり、髪が伸びたりと本編と繋がりがあってイイです。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]