忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[147] [146] [145] [144] [143] [142] [141] [140] [139] [138] [137
Posted by - 2017.06.29,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2012.10.14,Sun

 1位 スマイルプリキュア!
 [ 27.1点(最高28-23最低) 曲:8.3 映像:8.3 構成:8.7 作品観:3.80/5人 ]

 2位 Fate/Zero 第2期
 [ 24.0点(最高28-20最低) 曲:8.2 映像:8.5 構成:7.0 作品観:3.71/7人

 3位 氷菓 第1期
 [ 23.9点(最高27-22最低) 曲:7.6 映像:8.6 構成:7.7 作品観:3.00/4人 ]

 4位 アクエリオンEVOL 第1期
 [ 23.4点(最高27-21最低) 曲:7.9 映像:8.3 構成:6.9 作品観:3.00/3人 ]

 5位 這いよれ!ニャル子さん
 [ 23.2点(最高26-17最低) 曲:8.7 映像:7.1 構成:7.1 作品観:3.00/3人 ]

 6位 あの夏で待ってる
 [ 22.6点(最高25-20最低) 曲:7.7 映像:7.6 構成:7.3 作品観:3.00/5人 ]

 7位 AKB0048
 [ 22.4点(最高25-19最低) 曲:7.1 映像:7.5 構成:7.5 作品観:3.00/1人 ]

 8位 ギルティクラウン 第2期
 [ 22.0点(最高26-17最低) 曲:6.9 映像:8.2 構成:6.9 作品観:2.67/3人 ]

 9位 未来日記 第2期
 [ 21.6点(最高24-18最低) 曲:7.5 映像:7.3 構成:6.8 作品観:3.00/1人 ]

 10位 偽物語 つきひフェニックス
 [ 21.3点(最高26-16最低) 曲:7.2 映像:7.1 構成:7.0 作品観:2.67/6人 ]

 赤色表示は部門の1位です。
 作品観の数値は、S=4 A=3 B=2 C=1で点数付けし、合計値を記載人数で割ったものです(4点満点)


 総評
 1位はスマプリ。予選で既にブッちぎりだったところへ、史上最多のイチオシ6人を得て、2位を3ポイント以上引き離す、まさに独壇場。構成部門・作品観でも1位を飾り、コメントにおいては、王道・正統派スタイルでの完成度の高さを讃えるものが多かった。アニメOPは斯くあるべし、過去15回を通じての歴代1位として、燦然と輝く金字塔を打ち立てた。
 2位、Fate/Zero第2期。惜しくも2冠ならず。前回の第1期25.8点よりダウン。ストーリー進行に深く踏み込んだコンテに賛否が分かれた模様。それでも部門賞なしで2位に入る底力は、さすがというべきか。本編視聴人数も最多で、その注目度の高さが伺える。作品観、要チェックや!
 3位、氷菓。もはやBEST3常連といえる京アニ。コメントは「日常」というキーワードに溢れながらそれでいて映像部門1位には舌を巻く。丁寧であることの大切さを知らしめた。

 4位にEVOL。部門賞は逃すも、コメントでは曲の評価がすこぶる高く、シリーズを支えたAKINO with Bless4の存在が実に大きい。反面、シリーズ作ゆえのデメリットも出てしまったよう。
 5位、ニャル子さん。やはりといいますか、曲部門賞獲得。コメントは…曲以外も触れてあげてください。さて、ではここでも敢えていきましょう、(」・ω・)」うー!(/・ω・)/にゃー!
 6位は、あの夏。フィルム演出とおねがいシリーズへの「懐かしさ」に通じるコメントが多く、作り手側の伝えたいものとピントが合った印象です。思い入れによって差が出たかも…!?

 7位、0048。曲に映像にダンスにと、「意外にいいじゃん」という声と、「人大杉、わかりづらい」との声で賛否。AKBというタイトルがなければ、もう少し違う結果になりえたのだろうか…。
 8位、ギルクラ2期。作画の美麗さを評価するコメントは多いものの、主軸に絞った構成において、本編視聴組とそうでない組で印象が異なる。Fate等を含め、2期OPの在り方を考える契機になればと。
 9位、未来日記。同じ青構成のあの夏が、青いって言いづらい空気になっているほど、こちらが青いです。各レビュアーがその青をどう料理したか、じっくり楽しんでいただきたい。
 10位、月火ちゃんだけが入りました偽物語。ダンスやら色彩感覚やらシャフト風味の話もありますがイントロの掛け声でズッキューンなレビュアーが続出です。衛生兵、衛生兵ー!

 今回は歴代1位に輝く記録回となりましたが、曲部門において、男性ボーカルがゼロという事態も発生。勢いのある歌手もたくさんいるのですが、OPとして出てくる機会がなかった…。そんな女性一色に染まった、華を愛で楽しむ回でありました。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]