忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[89] [88] [87] [86] [85] [84] [83] [82] [81] [80] [79
Posted by - 2017.04.30,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2010.08.24,Tue
 1位 ハートキャッチプリキュア!
 [ 24.2点(最高26-22最低) 曲:7.7 映像:7.9 構成:8.0 作品観:3.60

 1位 ひだまりスケッチ×☆☆☆
 [ 24.2点(最高27-18最低) 曲:8.0 映像:7.7 構成:8.2 作品観:3.75 ]

 3位 デュラララ!! 第1期
 [ 23.4点(最高26-18最低) 曲:7.7 映像:7.7 構成:7.4 作品観:2.83 ]

 3位 薄桜鬼
 [ 23.4点(最高25-19最低) 曲:7.8 映像:7.8 構成:6.9 作品観:3.80

 5位 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST 第5期
 [ 23.3点(最高29-20最低) 曲:7.7 映像:7.8 構成:7.9 作品観:3.80 ]

 6位 WORKING!!
 [ 23.2点(最高26-21最低) 曲:8.0 映像:7.7 構成:7.6 作品観:3.00 ]

 7位 DRAGON BALL KAI(改) 人造人間編
 [ 22.3点(最高25-19最低) 曲:7.8 映像:7.4 構成:7.1 作品観:3.50

 8位 B型H系
 [ 22.1点(最高28-16最低) 曲:7.3 映像:7.3 構成:7.1 作品観:3.25 ]

 8位 けいおん!! 第1期
 [ 22.1点(最高27-13最低) 曲:6.8 映像:8.1 構成:7.2 作品観:3.33

 10位 はなまる幼稚園
 [ 22.0点(最高25-18最低) 曲:6.9 映像:7.7 構成:7.4 作品観:3.40 ]

 赤色表示は部門の1位です。
 作品観の数値は、S=4 A=3 B=2 C=1で点数付けし、合計値を記載人数で割ったものです(4点満点)


 総評
 ハトプリとひだまりが同着でフィニッシュ!略すと似たような響きですが、それぞれ特色のある評価になっています。予選でも1位だったハトプリは最低点が最も高く、最高点との差も一番小さい。どの科目も評価が高い秀作です。コメントもいいとこ探しに溢れ、ハートキャッチされまくってます。
 一方のひだまりは最高・最低点に開きがあるものの、曲と構成部門で2冠。欠点を補って余りある長所が煌めいた。音と映像のマッチングに触れるコメントも多く、テンポの良さが原動力となった。シリーズ3本目に入って、(365と同じく)1位に輝く。うめてんてー恐るべし。

 3位もデュラララと薄桜鬼の2作品が並んだ。前者は2人、後者は3人のイチオシを得て、予選順位5,6位からジャンプアップ。デュラララは各部門でバランス良く伸び、群像劇スタイルとダイジェスト挿入の演出が好評。薄桜鬼は曲と映像に評価が集まり、和のテイストと、(男性ゆえに)笑ってしまう部分もあるが、それでもなお惹き付けられる魅力が謳われた。
 5位、鋼の錬金術師5期。0.1ポイント差で第2グループの後方に位置したが、コメントの高評ぶりに驚かされる。作品観も1位で、完成度・作品性の高さがレビュアーの心に響いた様子。
 6位にこれまた0.1差でWORKING!。曲部門で、ひだまりと並ぶ1位です。明るくリズムの良い曲が、今期は好評なのかな。最高・最低点の点差も低く、ドタバタ劇の演出がツボにハマったよう。

 7位、ドラゴンボール改。リメイク作品の映像変更OPながら、TOP10に雪崩れ込んだ。点数は伸び悩むが、本編視聴数は圧巻のトップ。過去作との違いを味わう楽しみも語られる。
 8位、B型H系。「可愛さ」がキーワードとして見えてくる。好き嫌いもみえたようで↓
 9位、けいおん!! 圧巻の映像クオリティで部門1位を飾る…が、曲部門で点数が変動。評価が大きく上下する作品のレビューをこそ、味わっていただきたいものである。
 10位、はなまる幼稚園。鮮やかな色彩とほのぼの感の融和が語られるも、点数は伸びず…。

 10本中5本が、作中の人物(あるいはCV)が主題歌を担当するという展開。総力を挙げて作品の看板を作ろうという意気込みが伝わります。色をテーマに絞り込んだ作風も、多く見受けられました。


 追記:
 今回の対象作品で見受けられた手法としては、1カット目に作品を象徴するものが来ていることでした。
 これは多くの作品にあることで、たまたま今回重なったことと思います。今回のように制作される方々もファーストカットには気を遣っているのでは…?と考え、カット選出については、最初と最後のカットを必ず入れるようにしています。

 
 
 Working!とひだまり☆☆☆については、ラストカットの構図も同じだったり。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]