忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[1] [2] [3
Posted by - 2017.09.21,Thu
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2008.10.19,Sun
「慣れました、イヤ麻痺しました。」


 Over the Future /
可憐Girl's
   作詞:六ツ見純代
   作曲:佐伯高志
   編曲:m-takeshi


 オープニングスタッフ
  コンテ:川上敬一郎
   演出:川上敬一郎
 作画監督:加々美高浩
   原画:馬越嘉彦 吉松孝博 依田正、彦 沼田誠也
      松坂定俊 トシ 冨田与四一 近藤優次
      佐藤直人 加々美高浩

   監督:川口敬一郎
   制作:Synergy SP


  norito
 [ 曲:9 映像:7 構成:7 総合:23 ]
 まず曲のあまりのインパクトに無条件で撃沈しました。(笑)方向性はどうあれ突き抜けた個性というのは視聴者の目に留まるという意味でOPとして成功例だと思います。曲ばかり目立ってるようで映像の構成も頑張っているのもポイント高い。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:7 映像:9 構成:8 総合:24 ]
 「絶対可憐だから負けない」のフレーズに納得せざるをえない。おとーさん、もうたまりません。このパートがサビでないのもいいね。まるで違う楽曲へ切り替わる仕掛けの妙。だいたーん♪の脱力っぷりもツボにくるんだなぁ…。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]
 一度聞いたら忘れられない(耳から離れない)曲と、しゅごキャラ!ほどではないが、それに次ぐ曲と映像を合わせてきた構成面によって、自分でも驚くほど高いポイントを獲得した作品。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:6 映像:6 構成:6 総合:18 ]
 セリフの棒読みっぷりが、何度聞いても凄いです。歌もある意味凄いです。でも慣れました、イヤ麻痺しました。こういう中毒性の高い曲に翻弄された人々が目に浮かぶ。
 [ 作品観:- ]


 rizing
 [ 曲:9 映像:8 構成:8 総合:25 ]
 これまた王道といっていいのだろうなぁ~。それぞれのキャラクターをバランス良く描きつつ、敵の存在を明らかにし~という構成。まあ、何より、可憐ガールズの曲が素晴らしい!という事で。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:5 映像:7 構成:6 総合:18 ]
 ヒロイン達の性格や仲間、対立する陣営をテンポよく描いた構成は安心してみていられる。半面、面白みには欠けるかもしれない。あと欲をいえば、ボーカルは担当声優Ver.のほうがよかったなぁ。

 [ 作品観:A ]
 兵部陣営が黒すぎる……


 KING
 [ 曲:5 映像:8 構成:8 総合:21 ]
 足りなかったのは歌唱力。あの棒読みはいただけない。 いや、好き嫌いかもしれないけど、主人公と年相応にって事かもしれないけど、歌い手が違ってたら確実にもっと評価上がってたと思う。
 [ 作品観:- ]


 赤ねぎ
 [ 曲:2 映像:8 構成:8 総合:18 ]
 特筆すべきことはないが、全体的にハイレベル。歌が残念。
 [ 作品観:A ]
 日曜朝にはよいかいと。


 上条あきら
 [ 曲:9 映像:7 構成:8 総合:24 ]
 OPらしい元気いっぱいな曲と主人公3人の見せ場がちらばった綺麗な絵と動きのあるアクションや、内容がわかる登場人物の配置なとわかりやすい作りがいいと思います。背景画像がもうちょっと描き込みあるものがあるといいのに。背景が軽い。
 [ 作品観:A ]


PR
Posted by YoGAN - 2008.10.19,Sun
「壮絶なテンションの高さに見惚れるわ!」


 resonance /
T.M.Revolution
   作詞:井上秋緒
   作曲:浅倉大介
   編曲:浅倉大介


 オープニングスタッフ
  コンテ:入江泰浩
   演出:入江泰浩
 作画監督:伊藤嘉之
   原画:入江泰浩

 動画検査:鈴木富美子 渡辺美佐
   美術:中村典史
 色彩設計:中山しほ子
   撮影:ボンズ撮影部
3DCGI:古本真由子 石井俊行

   監督:五十嵐卓哉
   制作:ボンズ


  norito イチオシ!!
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23+3
 映像という二次元の世界のなかで三次元の表現をかなり意識した作りのOPです。キャラクターの動きや表情、俯瞰や仰瞰など見ていて引き込まれる構成は見事の一言に尽きます。あとレボレボの曲もいつも以上にハイテンションで良し。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN イチオシ!!
 [ 曲:8 映像:10 構成:10 総合:28+3
 レボレボきた!イントロだけで、ご飯3杯はいけそうな予感盛り盛り。カメラを意識させた絶えず動く作りと、壮絶なテンションの高さに見惚れるわ!サビ直前のタメも絶品で、そこから押し寄せる勢いの痛快さときたら、もう…!
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:9 映像:8 構成:7 総合:24 ]
 歌詞よりも曲に映像を合わせた構成の作品。画面上の矢印の使い方が面白い。そういった意味では、構成のポイントにもう一点加算しても良かったかも。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 良くも悪くもT.M.Revolutionワールド全開の曲です。突っ走っている曲に絵が頑張って付いていっているおかげで、絵がガンガン動くから見ていて気持ちが良い。
 [ 作品観:- ]


 rizing イチオシ!!
 [ 曲:6 映像:9 構成:8 総合:23+3
 いやぁ、これはセンスがいいねぇ~。映画を見ているかのように吸い込まれていくイントロ。本作はカットの変更方法に大変気を遣っているようで、非常に怪しげな世界観が次々と現れては消えていくがその繋がりが飽きさせない。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:6 映像:8 構成:8 総合:22]
 躍動感のある映像に目を惹かれます。ヒロインとは思えない気張った顔のマカに初めは驚きましたが、いつの間にか病み付きに……。TMRのボーカルもバッチリ合ってますね。
 [ 作品観:S ]
 マカのパンツが見えないのはおかしいよね!


 KING
 [ 曲:7 映像:9 構成:9 総合:24 ]
 空間の使い方とにかく旨い。独特のタッチにインパクトのある表情と動きをメロディに乗せてしっかりと魅せてくれる。好き嫌いは分かれそうだが、完成度が高い事に変わりなし!
 [ 作品観:- ]


 赤ねぎ
 [ 曲:5 映像:8 構成:8 総合:21 ]
 非常によく動く。しかしもう少し速く動いたほうがひきつけられる。
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:4 映像:9 構成:8 総合:21 ]
 死神の世界感や、全体的に統一された色合いがいい雰囲気を作っていると思います。アクションもアニメならではな動きや見せ方が多く構図で楽しませる工夫を感じます。しいていえば曲調がつまらず…。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2008.10.19,Sun
「導入部でKOされる」


 リフレクティア /
eufonius
   作詞:riya
   作曲:菊地創
   編曲:菊地創


 オープニングスタッフ
  コンテ:西村純二
   演出:川面真也
 作画監督:関口可奈味
   原画:杉光登 高橋英樹 川面恒介 吉田優子 小澤都
      千葉崇明 柴山智隆 久木晃嗣 金原廣子 鈴木美咲
      宮岡真弓

   監督:西村純二
   制作:P.A.WORKS


  norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 作品タイトルにキャラが乗っかってるカットが実に懐かしい感じがしました。eufoniusの曲のいつもながら透き通った感じと相まって安心して見られるタイプのOPと言えるのではないでしょうか。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]
 紅葉舞う秋の日の出会い…いい。全体を通して季節の変化をつけたり、タイトルを歌の切れ目がないところに入れたり、サビをダイジェスト調にしたり。いろんな試みがみられますが、イントロがピークでした。
 [ 作品観:A ]
 ストリングスの響きが作風によく合ってます。


 KYOU
 [ 曲:9 映像:9 構成:8 総合:26 ]
 
透明感のある曲が素晴らしく、グッと引き込ませる魅力はあるが、残念ながら構成のポイントをのばすことができなかった。カットの順番やタイミングが少し違うだけでも、かなり違ってくるのでは。
 [ 作品観:C ]
 ヒロイン3人にポイントを絞り込みすぎた感じ。


 斬九
 [ 曲:9 映像:9 構成:8 総合:26 ]
 
enfoniusの透明感ある歌声が作品のイメージと合ってて良かった。歌詞で「リフレクティア」を歌う所で、絶妙のタイミングで曲紹介のテロップが出てくるのが細かいこだわりみたいで何か笑ってしまった。
 [ 作品観:S ]
 曲同様、話に引き込まれます。


 rizing
 [ 曲:6 映像:8 構成:5 総合:19 ]
 景色が美しく、よく描きこまれている…と、景色の方についつい気を取られていしまっているせいか、どうもキャラクターの印象が残らない。また、映像の作りが、エンディング的に見えてしまうのがなんとも残念。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:9 映像:7 構成:7 総合:23 ]
 enfoniusの透明感のある歌声がたまらない!サビでの盛り上がりもさることながら、雪山をバックにカットインされる演出がとてもいいアクセントになっているところも評価したい。西村純二監督の止め絵演出にも思わずニヤリ。
 [ 作品観:A ]
 富山県に行きてぇー!!


 KING
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 見事なまでにギャルゲーのプロモーション映像です。舞台となっている町の風景とかそこで起こる出来事をうまく織り交ぜておりますな。 ただ、若干関連性の薄いカットが混ざってるようにも見えたかな。
 [ 作品観:- ]


 赤ねぎ
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]
 後半の止まりっぷりがすさまじいが、導入部でKOされるため気にならない。
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:7 映像:6 構成:4 総合:17 ]
 紅葉のきれいさが出だしインパクト強く景色が綺麗な作品。曲も綺麗です。しかし、せっかくの魅せるサビの部分で切り抜いた映像を使うというのは個人的には手抜きとしか思えずマイナスです。せいぜいEDでやる手法だと思います。どうせならサビは画面いっぱいに女の子の良さを表現した方がよかったんじゃないかな??
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2008.10.19,Sun
「曲の勢いのあるところにカットも上手に合わせている」


 
SILENT DESTINY /
         オーブハンター4
(高橋広樹、大川透、小野坂昌也、小野大輔)

   作詞:こだまさおり
   作曲:飯塚昌明
   編曲:飯塚昌明


 オープニングスタッフ
  コンテ:片貝慎
   演出:岩井隆央
 作画監督:藤井真紀
   原画:関崎高明 小谷杏子 上田みねこ 石田慶一 西村理恵
      工藤慎也 高原修司 佐々井文恵 青木理恵 野田智弘

   監督:片貝慎
   制作:ゆめ太カンパニー


  norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 ヴァ・・・いやなんでもありません。男性4人の曲の勢いのあるところにカットも上手に合わせている部分は好感が持てました。ただこのOPを見て作品を見たくなるかって言われると首を傾げざるを得ないというのが正直なところ。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]
 「デスティニィ!」でイキナリ吹きましたサーセンw キャラ紹介での目力すごいな。あちこち見つめすぎだよ。歌も映像も画一的で、ちょっと面白味に欠けるけど、後半の勢いはそれなり。でもやっぱり最後はデスティニィ!www
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:8 映像:10 構成:8 総合:26 ]
 やはり映像を見るのに画質は大切であることを再認識させられた作品。低画質でつけた点数と、高画質でつけた点数が違ってきた。こちらもカットの順番が少し違えば、もう一点はいけたかなと思う。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:6 映像:7 構成:6 総合:19 ]
 個性派の男性声優4人が歌うOP。普通に良い曲です。サビもちゃんと盛り上がって全体として悪くないけれど、OP自体にはこれという個性は感じられなかったなぁ。
 [ 作品観:- ]


 rizing
 [ 曲:6 映像:9 構成:7 総合:22 ]
 どこを見ても描き込まれていて美しい。女性を護る騎士と、護られているだけではなく、自らも戦う強い女王…そんな感じが良く見て取れる。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:7 構成:6 総合:20 ]
 男性複数ボーカルがこんなにいいものだとは思いませんでした。映像としては、後半の無駄に迫力のある作画が目を引きます。ヒロインよりも男キャラが目立ちまくっている点も個人的には○
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:5 映像:8 構成:6 総合:19 ]
 主題歌の曲は恰好良いんですが…歌唱力がどうにも。イケメン紹介に徹してるので主人公らしき女の子は割と空気。何を重視してる作品なのかは伝わってきたけど、映像と曲がマッチしてるとは言い難い。
 [ 作品観:- ]


 赤ねぎ
 [ 曲:5 映像:7 構成:7 総合:19 ]
 キャラ紹介的な意味ではスタンダードで良いかと。
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:6 映像:8 構成:6 総合:20 ]
 髪の毛のつやなどキャラが丁寧です。これまた内容や登場人物がわかりやすい。大きな特徴ある演出はないものの少女マンガ的(乙女アニメ系?)には見やすくていいのかな。曲が男メンバー総出でがんばって歌っているのですが出来れば主人公の女の子が自分の決意を含めた感じの内容で歌ってくれた方がよかったなと思う。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2008.10.19,Sun
「戦闘機って、なんて格好いいんだろう。」


 
トライアングラー / 坂本真綾
   作詞:Gabriela Robin
   作曲:菅野よう子
   編曲:菅野よう子

 オープニングスタッフ
  コンテ:高橋裕一
   演出:天神英貴
 作画監督:高橋裕一
   原画:入江篤 江畑理沙 小倉典子 岸田隆宏 窪岡俊之
      鈴木信吾 住本悦子 関口雅浩 高橋裕一 戸倉紀元
      松本憲生
CGIデザイナー:高橋将人、町田政彌、畑秀明、鈴木洋介、長嶺義則

   監督:菊池康仁
   制作:サテライト


  norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 アニメファンならおなじみのシリーズ最新作なわけですが、新旧ファンそれぞれが楽しめる作りになっている印象です。板野サーカスはもちろん曲名どおりキャラの三角関係にこだわった構成は本編を見たくなる出来といって良いのでは。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:9 映像:9 構成:9 総合:27 ]
 キャラ紹介を織り交ぜた発進シークエンスのタメから放たれる、スピード感溢れるサビの展開。戦闘機って、なんて格好いいんだろう。「君は誰とキスをする?」の問いかけが、そんな映像にガチンと乗ってくる快感。画が動くことの気持ちよさを、これでもかと味わいます。
 [ 作品観:S ]
 これぞマクロス!という魅力に溢れます。


 KYOU
 [ 曲:9 映像:9 構成:6 総合:24 ]
 こちらも忘れられない素晴らしい曲と、CGを交えた素晴らしい映像の作品。その反動か構成のポイントを厳しく評価しすぎたかなと少し反省。一点追加するべきだったかなと思います。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:8 映像:9 構成:8 総合:25 ]
 坂本真綾さんの歌声がマッチしてて、まさにマクロスという作品なればこその曲です。しかしよもや冒頭から重要なキーワードを突き付けているとは思わなかった。物語の展開していく内に気付かされた時、何とも言えない悔しさが残った。
 [ 作品観:S ]
 歌という武器を最大限に利用してる。


 rizing
 [ 曲:7 映像:9 構成:7 総合:23 ]
 これまた映像美。今期は映像美の豊作ですね。これは構成の面白さというのもあって、敵キャラ殆ど出ていないのでは?(本編見ていないので分からないのですが…) 味方の関係者だけでOPを作りきっている感があるのがなんとも面白い。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]
 アニメとCGが完全に違和感のないレベルで融合していることに驚き!主人公のアルトや2人のヒロインだけでなく、主要キャラの性格さえ想像できるほどに内容のつまった構成にも脱帽です。
 [ 作品観:A ]
 ヒロインよりカブいてるアルトのほうが綺麗


 KING
 [ 曲:8 映像:10 構成:9 総合:27 ]
 歌詞がインパクト高!それでいて派手な戦闘シーンと合わせても全く違和感を感じさせないのがすごい。曲の盛り上がりに合わせて人物紹介、発進シークエンス、戦闘と高密度ながら実にテンポ良く作られている。
 [ 作品観:S ]
 「マクロス」の要素を完璧に備えてる所に感動を隠せないぜ!


 赤ねぎ
 [ 曲:8 映像:10 構成:9 総合:27 ]
 キャラ紹介的な意味ではスタンダードで良いかと。
 [ 作品観:S ]
 マクロスでした。


 上条あきら
 [ 曲:5 映像:9 構成:7 総合:21 ]
 綺麗です。音楽PVのような力の入れようです。キラキラと場面がかわり背景も丁寧で動きも力込めてあり素晴らしい。メカアクションと定期的に入る歌姫がマクロスを物語っております。
 [ 作品観:- ]


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]