忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[118] [117] [116] [115] [114] [113] [112] [111] [110] [109] [108
Posted by - 2017.04.23,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2011.09.01,Thu
 1位 魔法少女まどか★マギカ
  [ 25.1点(最高28-18最低) 曲:8.7 映像:8.0 構成:8.6 作品観:3.00 本編視聴:8人 ]
 
  2位 花咲くいろは 第1期
  [ 23.8点(最高27-19最低) 曲:7.3 映像:8.4 構成:8.6 作品観:3.75 本編視聴:4人 ]
 
  3位 日常 第1期
  [ 23.3点(最高27-17最低) 曲:7.3 映像:7.7 構成:9.1 作品観:3.60 本編視聴:5人 ]
 

  4位 Steins;Gate
  [ 23.0点(最高27-18最低) 曲:8.0 映像:7.6 構成:7.9 作品観:3.50 本編視聴:6人 ]
 
  4位 Dororonえん魔くんメ~ラめら
  [ 23.0点(最高25-19最低) 曲:7.4 映像:8.0 構成:8.1 作品観:2.50 本編視聴:4人 ]
 
  6位 GOSICK -ゴシック-
  [ 22.6点(最高26-19最低) 曲:7.1 映像:7.8 構成:8.5 作品観:3.14 本編視聴:7人 ]
 
  6位 IS<インフィニット・ストラトス>
  [ 22.6点(最高27-17最低) 曲:7.5 映像:7.7 構成:7.9 作品観:3.20 本編視聴:5人 ]
 
  8位 カードファイト!!ヴァンガード
  [ 22.5点(最高24-18最低) 曲:7.5 映像:7.3 構成:7.5 作品観:3.50 本編視聴:2人 ]
 
  8位 ジュエルペット サンシャイン
  [ 22.5点(最高25-17最低) 曲:7.2 映像:7.3 構成:8.4 作品観:3.00 本編視聴:3人 ]
 
  10位 DOG DAYS
  [ 21.7点(最高26-18最低) 曲:7.6 映像:7.3 構成:7.5 作品観:3.00 本編視聴:4人 ]
 
  赤色表示は部門の1位です。
  作品観の数値は、S=4 A=3 B=2 C=1で点数付けし、合計値を記載人数で割ったものです(4点満点)

 総評
 1位はまどか★マギカが1ポイント以上の差をつけて他を圧倒、ラオウの如きオーラが漂ってます。曲部門も1位を飾った。コメントの端々に現れる「なにかが違う」という感触が引き寄せたか。一方で作品観は低く、「OPサギ」or「本質を捉えている」と、賛否両論の声が上がり、注目度の高さが伺える。
 2位に花咲くいろは。こちらは映像部門で1位に輝き(作品観も1位)、ほとんどのレビュアーが背景や色遣いを高く評価。映像を存分に楽しめた模様。一方の歌については、ズコーなる声も少なくなく、曲の牽引力がさらに強ければ、まどかの王座を脅かしていたのかもしれない。
 3位、日常。これまたイチオシ皆無ながらの大健闘。レビュアー絶賛の構成部門1位、9点越えは驚異的。「日常ってタイトルだけど日常じゃねーよw」という、あちこちから上がるツッコミを笑納いただければ之幸い。

 4位にシュタゲとメ~ラめら。
 シュタゲは独特の構図&カット割による、ミステリアスなPV風味が着目された。そこに好き嫌いが分かれたようだが、ストーリー進行との連動を予感させる作品では、期待感高し。賛否意見と作品を比べるのも一興。
 メ~ラめらは、「レトロ・ノスタルジック・懐かしい」といった(好意的)コメントがみられる。皆オッサ…ゲホンゲホン。映像に合わせて曲の熱さもレビュアーを揺さぶった様子。
 6位も同着で、IS、ゴシックが並ぶ。
 ISは飛翔感や空戦の醍醐味を伝える映像と、栗の子曲が好評ながら、その定番さが仇にもなったか。最高・最低差が11点と開く。好き嫌いがハッキリ割れる、このギャップこそレビューの本懐。
 ゴシックは、全レビュアーが絵本調の彩色に触れ、やはりそこに賛否が分かれた。ラストでセル画に戻る演出については、ぜひ読み比べていただきたい。そして「曲に触れてやれよ…」と添えておく。

 8位も同着…七対子のような展開。ヴァンガード&ジュエルペット。
 ヴァンガード。今回最多となる3人のイチオシを獲得。しかしJAMはOPレビューでは振るわないのジンクスか…。イチオシ三者三様のおすすめポイントを、味わっていただきたい。
 ジュエルペットは、「可愛く・分かりやすい」と、好意的なコメントに終始しながら、点数が伸び悩む。安定性ゆえに高得点に結びつかないこの手のOPで、BEST3に入る作品を見たいもの。
 10位、犬。水樹曲にセブンアークスの蜜月コンボ…なのですが、やはりマンネリ化は否めないとの声も。エクレのパンツ見えていたら、上位に食い込めていたのだろうか…。

 今回は部門賞獲得作品が1,2,3位に入る、順当な結果となりました。今回より本編視聴人数を掲載しました。作品観の値について、より正確な見方をする(S評価が1人で視聴数も1人だと4.00になる)ためです。まど★マギの視聴数と作品観の落差は流石という他なし。…そういえば、今回は第2期組が予選で全滅という結果も出ていますね。


 追記:
 さて恒例の対象作品に見受けられた類似ポイントについて。
 今回はタイトルロゴが出るタイミングです。OPの最後にタイトルロゴを出す作品が増えてきたというもの。
 
 

 今季でみれば、IS、ヴァンガード、犬、日常、まどかの5本がと(始めと終わり両方出ているものもあり、まどかは厳密にはタイトルロゴとは言えないですが)、結構な数です。私の個人的な主観ですが、終わりに出る方が、始めよりも強く印象に残りますね。終奏のちょうどいいところでタイトルロゴが出てくると、気持ちよく余韻に浸れる感じです。
 タイトルをどこで出すか、コンテを切るスタッフさんが頭を悩ませているのかなー、と妄想しながらOPをみるのもまた一興。

PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]