忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[68] [67] [66] [65] [64] [63] [62] [61] [60] [59] [58
Posted by - 2017.06.30,Fri
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2009.08.22,Sat

「真下から風を受けても鉄壁を誇るスカートに感動」


                                         [カット選出:YoGAN]

 キミシニタモウコトナカレ / May'n
    作詞:岩里祐穂
    作曲:本間昭光
    編曲:本間昭光


 オープニングスタッフ
  絵コンテ:樋口真嗣
    演出:平田智浩
  作画監督:石井久美
    原画:和田高明 山本晃弘 田中宏紀 後藤雅巳 外崎春雄
       丸山友 山内則康 細越裕治 中嶋敦子 増永計介
       平田智浩

    監督:別所誠人
    制作:GONZO


  norito
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]
 とにかく背景の美麗さと主要キャラ中心にパンアップするカット割の大胆さ。これに尽きます。そこにMay'nさんの力強いボーカルが加わって見ごたえのある仕上がりになっています。とりあえず戦車を破壊するブーメランぱねぇ!
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]
 イントロ歌詞の問いかけから期待感高まる。回転・加速する映像は、ブーメラン視点? Bメロでギアを上げて、サビにくる浮遊感も絶妙。真下から風受けても鉄壁を誇るスカートに感動です。CGによる自然が美しすぎてちょっと怖い。
 [ 作品観:A ]
 一癖も二癖もありそうなキャラ紹介がピタリ。


 KYOU
 [ 曲:9 映像:8 構成:6 総合:23 ]
 キミシニタモウコトナカレとGONZOによるCG、背景ともに良く出来ている。構成のポイントが高くならないのは仕方のないところなのだろうか。植物に覆われた街と主人公の動きに惹きつけられる作品。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]
 最初のグイグイ盛り上がっていくMay’nさんの歌と引き込まれる映像に痺れました。カメラワークというか対象からグーンと一気に引いていく感じがリアルで凄い。
 [ 作品観:- ]


 りじんぐ
 [ 曲:7 映像:7 構成:5 総合:19 ]
 CGをうまく使っているなぁ~と言う印象。キャラクターが多数登場するが、その相関が一切見えないのは、物語の神秘性を増すため?主人公は分かるのだけれど、もうちょっと相関を描いてくれないと深読みもできないなぁ。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]
 中林芽依の歌声にデカルチャー!あと國子のスカートが気になって仕方ありません!スカートの中が見えないのもありだよなって思えるようになりました。
 [ 作品観:A ]
 ヒロインはモモコさんだぜ


 KING
 [ 曲:9 映像:8 構成:7 総合:24 ]
 風景描写の美麗さとスピード感のある映像に引き込まれる。主題歌もいい感じ。後はアクションシーンでのキャラの表情がもっとはっきりしていれば良かったんだが…そういうキャラなのかもしれないけどちょっと淡白かも
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:5 映像:7 構成:7 総合:19 ]
 主人公が最初から一人で戦う以外の情報を見せず、まるでピンで戦っているように感じる作り。同じ志のチームと一緒にいる絵や集合絵的なものがもう少し欲しい。誰が敵が味方か分からず。
 [ 作品観:- ]


PR
Comments
Post a Comment
Name :
Title :
E-mail :
URL :
Comments :
Pass :   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
TrackBack URL
TrackBacks
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]