忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[1] [2] [3
Posted by - 2017.05.27,Sat
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2007.09.09,Sun

「見所はグラパール隊の編隊飛行でしょう!量産機燃え!」


 
空色デイズ / 中川翔子
   作詞:meg rock
   作曲:斎藤真也
   編曲:斎藤真也


 オープニングスタッフ
  コンテ:今石洋之・錦織敦史
   演出:佐伯昭志
 作画監督:平松禎史
   原画:平田雄三 山口智 阿部慎吾 貞方希久子 林明美 小島大和
      長谷川ひとみ 雨宮哲 今石洋之

   監督:今石洋之
   制作:GAINAX


 norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]
 キャラ多すぎるよ!というのが第一印象。全体的に曲・映像の構成は良いのですが初見で作品像を把握するのはちょっとつらいかな。OP自体のVer変更を追っていって初めて真価がわかるOPとも言えそうです。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:9 映像:9 構成:8 総合:26 ]
 ABメロでは予兆とキャラ相関を描いて、サビにはお約束の合体シーンとくる、正統派OPの鏡だね。完成度が高く、隙のない仕上がりに脱帽。裏を返せば意外性に欠ける…なんて言いつつ、やっぱり歌詞と映像の繋がりに熱く奮えるよ。
 [ 作品観:S ]
 meg rockの作詞が素晴らしすぎます…。


 KYOU
 [ 曲:9 映像:8 構成:8 総合:25 ]
 曲がいい。それにつられて構成のポイントが高くなった感じがします。
 [ 作品観:- ]
 本編のストーリをうまく要約してある。


 斬九
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]
 サビの部分でのロボット変形シーン、敵に向かっていく所は往年のロボットアニメを彷彿させる。こいつは思わずニヤリとさせられる演出だ。見ていて随所にかっこよさを感じる。
 [ 作品観:S ]
 次々と起こる熱い展開が楽しい。


 なっぱ
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 これぞ少年ロボットアニメ! というOP。曲も構成も期待通りの出来。昨今ありがちなガンダムSEED臭さもエヴァ臭さもなく、オリジナリティ溢れる作りにはとても好感が持てます。
 [ 作品観:- ]


 rizing
 [ 曲:4 映像:6 構成:6 総合:16 ]
 映像は勢いがあってキャラクターの躍動感を表すよう。サビからはロボットの動きをメインとしつつも人物を描き好感が持てる。唯一残念と感じるのは、しょこたんの歌う曲はキャッチーで分かりやすいが、曲調が一本調子な事か。
 [ 作品観:A ]
 ロボットの勢いがうまく出ている


 トール鉄
 [ 曲:10 映像:9 構成:9 総合:28 ]
 キャラの成長した姿に胸が躍ります。1期2期はどこか熱血ロボットアニメを履き違えた感がありましたが、3期は少年の成長といったテーマを見事に表現していますね。けれどやはり見所はグラパール隊の編隊飛行でしょう!量産機燃え!
 [ 作品観:S ]
 後半ストーリーを代弁したかのような歌詞!


 KING
 [ 曲:8 映像:9 構成:8 総合:25 ]
 過去を受けての現在、これから先の暗示を受けての現在という二つの現在の見せ方から過去、現在、未来と物語の流れを感じさせてくれる。過剰にギラギラした映像は好みが分かれる所だが、新しい物語の始まりを見せられるとやっぱりワクワクするものさ!
 [ 作品観:S ]
 期待せずにはいられないぜアニキ!!


PR
Posted by YoGAN - 2007.09.09,Sun

「手を差し出す古手梨花の先には何があるのか?」


 
奈落の花 / 島みやえい子
   作詞:島みやえい子
   作曲:中沢伴行
   編曲:中沢伴行・尾崎武士


 オープニングスタッフ
  コンテ:今千秋
   演出:今千秋
 作画監督:坂井久太
   原画:沼田誠也 松島晃 外崎春雄 堀井久美 岡真里子 西田亜沙子
      小田真弓 中野典克 亀谷響子 岡辰也

   監督:今千秋
   制作:スタジオディーン


 norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 相変わらず独自言語を歌いまくるえい子先生に惚れた。全体的には静かな曲調なのですがサビ以降はやはり力を感じます。映像はほぼ静止画なのにそれを感じさせない構成もうまいかな。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:9 構成:9 総合:26 ]
 見るほどに見入ってしまう、この病み付き感。伴奏を極力抑えたAメロに入る異音のアクセントが絶妙すぎる。サビに入ればあとは一気。曲も画も、静から動への盛り上がりが異常。絡め取られていく様に、背筋がゾクゾクしてたまらない…!!
 [ 作品観:S ]
 終奏の謎めいた手招きから見始めました。


 KYOU
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 曲に合わせたためなのだと思うが、前半が淡白な感じ。そのため中盤の映像が余計に浮き上がってきている。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:9 映像:7 構成:9 総合:25 ]
 イントロからヤバそうな雰囲気。怖いもの見たさで見たくなる衝動に駆られる……と思った時点ですでに負けかな?しかし何と言うか、最後の手招きがとても不気味だ。
 [ 作品観:S ]
 救われなさがにじみ出てます。


 なっぱ
 [ 曲:5 映像:6 構成:4 総合:15 ]
 序盤、画面を横流しに使う部分は少々ユニークだったが、それ以外は特に残るものは無し。この手のノリが好きな人には堪らない要素もあるのかもしれない。見る人を選ぶ作品と感じた。
 [ 作品観:- ]


 rizing
 [ 曲:6 映像:6 構成:6 総合:18 ]
 流石島宮えい子だなぁ~と、曲については納得!の出来。歌に引っぱられる形で、倒錯した世界の中での悲しみを表す映像が追いかける。歌手、歌詞の存在感に映像をうまく合わせた秀作である。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄 イチオシ!!
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25+3
 サビの前と後で一変する曲調のコントラストと、シリアスな様相のキャラクターが非常に印象的。手を差し出す古手梨花の先には何があるのか?本編への興味が否応なしに引き立てられる……そんなOPです!
 [ 作品観:S ]
 部活メンバーのカットに思わず涙が…


 KING
 [ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]
 冒頭から合間合間に挿入されるノイズとそれに合わせたカットが印象的です。曲が盛り上がるにつれて段々と不吉なカット、演出が増えてきて心穏やかでいられなくなってきます。独特の雰囲気が好奇心を刺激されます。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2007.09.09,Sun

「このOPを見ているだけで、僕は今日も元気でいられそうです」


 スケッチスイッチ / 阿澄佳奈・水橋かおり・後藤邑子・新谷良子

   作詞:秋乃零斗
   作曲:前澤寛之
   編曲:安藤高弘


 オープニングスタッフ
  ディレクター:大沼心
 作画監督:伊藤良明
   協力:st.パストラル
   原画:大森英敏 古川英樹 宮崎修治

   監督:新房昭之
   制作:シャフト


 norito
 [ 曲:10 映像:7 構成:8 総合:26 ]
 OPに必ずしも歌唱力は必要ないのだなと再認識したそんなOPです。この絶妙なさじ加減の4人のユニットを誕生させただけでもこの作品に起きた奇跡を感じます。映像もチビキャラの動きが楽しくて何度も見てしまうことうけあい。
 [ 作品観:A ]
 ある意味作品そのもの?


 YoGAN
 [ 曲:9 映像:8 構成:10 総合:27 ]
 さあ手拍子!手拍子!という制作意図に心地よくのせられます。ゆるそうな女の子達の怠惰で楽しい一日と、明るい曲がなんてピッタリ。作品タイトルを隠してしまうアイデアもおもしろいね。このOPを見ているだけで、僕は今日も元気でいられそうです。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]
 曲と映像はほのぼのとした感じがいい。構成は、曲にひっぱられた感じがします。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]
 ほのぼのとしたキャラクター達がとてもかわいく、テンポの良い曲調との相性もとても良い。楽しさがガンガン伝わってくる。思わず「パンパン」と一緒に手拍子したくなる愉快な曲。
 [ 作品観:S ]
 キャラの特徴がよく出ている。


 なっぱ
 [ 曲:6 映像:5 構成:9 総合:20 ]
 これまでOPレビューを通じて数多くのOPを見てきましたが、画面構成に今まで見たことの無い新しさを感じました。ただ実写部分は安易だったんじゃないかな? そこが惜しまれます。
 [ 作品観:- ]


 rizing
 [ 曲:5 映像:4 構成:4 総合:13 ]
 キャラ紹介的OP。キャラ名と共に人物を動かしていくが、この方式は分かりやすさの反面、人数が多くなると単調になりかねない諸刃の剣。紹介メインとなり、物語の特徴・方向性描写が薄くなってしまったのがもったいなく思う。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:10 映像:8 構成:8 総合:26 ]
 歌詞がわけわかんねー!(笑) けれど不思議と違和感なし!一見関係なさそうなカットにもキャラクターの性格を絶妙に描いている辺りも上手いですね。なにより曲と映像のテンポが素晴らしいです!思わず手拍子しちゃいます。
 [ 作品観:A ]
 みやこのパンツが見えそうで見えない…


 KING
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 手拍子がいい感じ。曲に合わせての漫画チックな表現やシュールなカットも好印象。ただ、一人だけ手拍子のない子がいたのは…構成ミス?サビの所だけ背景が実写になってるのが残念。漫画チックに来てるんだから統一した方がよかった気がします。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2007.09.09,Sun

「冒頭のムシのカットインがウルトラマンチック」


 ムシウタ / 赤月

   作詞:Bee’
   作曲:黒須克彦
   編曲:黒須克彦


 オープニングスタッフ
  コンテ:酒井和男
   演出:酒井和男
 作画監督:神本兼利
   原画:光田史晃 橘秀樹 田中良 堀内修 深沢幸司 斉藤哲人
      大西貴子 関辰也

   監督:酒井和男
   制作:ZEXCS


 norito イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26+3
 点数こそ9点ですが今回の対象OPでは一番印象に残った曲かも。赤月さんのボーカルと映像、構成が高水準で融合して心地いい余韻のようなものを感じました。余談ですが冒頭のムシのカットインがウルトラマンチック。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]
 タイトル明けた画がムシキングかと思ったw シルエットはテクスチャ付けたり、もう一工夫あってもいいんじゃ?手堅くそつない構成で、サビはきっちり盛り上がる。曲も好きな部類に入るんですが、でもOPとしての印象は薄い…。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]
 タイトルのとおりムシがでてきますがそれがややリアルすぎるか?
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]
 作品名がそのまま曲タイトルであり、歌詞の部分にも作品名が出てくる。アニメソングの王道をしっかり守っているのに、アニソンらしくないよね。曲調、映像共に、それぞれいいんですけどね。
 [ 作品観:- ]


 なっぱ
 [ 曲:4 映像:6 構成5: 総合:15 ]
 とりあえず印象には残るOP。もう少しひねりがあったほうがOPとしてはいいと思うが、正直リアルすぎて気持ち悪いので個人的にはこの程度で押さえてくれていてありがたかった。
 [ 作品観:- ]


 rizing
 [ 曲:5 映像:6 構成:6 総合:17 ]
 王道!という作り。しかしこの王道を作る事も決して楽ではない。本編がムシを中心としたバトルであり、敵味方の関係をきっちりと示している。そしてその中で誰が主人公でどんな話なのかの方向性まで描いている良作品である。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:6 構成:6 総合:19 ]
 曲とのマッチングは良いのですが、構成がオーソドックスすぎて少し面白みに欠けるかな?いや、十分に合格点だとは思うんですけどね…。あまりグロテスクにならない程度にディフォルメした虫の映像は良いと思います。
 [ 作品観:- ] 


 KING
 [ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]
 虫、虫、虫、さらに虫。虫が大量に出てくるのはインパクトありますね。特に最後の画面一杯に出てくる辺りとか。キャラ紹介、ドラマを感じさせる絵と必要な情報はきっちり盛り込まれてますが全体的に地味な印象なのはやっぱり虫だから?
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2007.09.09,Sun

「この中毒性を前にすれば全ては吹き飛んでしまう訳で…」


 もってけ!セーラーふく / 泉こなた・柊かがみ・柊つかさ・高良みゆき
   作詞:畑亜貴
   作曲:神前暁
   編曲:神前暁


 オープニングスタッフ
  コンテ:山本寛
   演出:山本寛
 作画監督:堀口悠紀子
   原画:荒谷朋恵 池田晶子 門脇聡 池田和美 高橋真梨子 河浪栄作 堀口悠紀子

   監督:山本寛 → 武本康弘
   制作:京都アニメーション


 norito
 [ 曲:10 映像:8 構成:10 総合:28 ]
 京アニまたやってくれた!としか言えないな、これは。オリコン2位になった曲の力は言うまでも無く、映像の楽しさ・美しさどれを見てもただただ、脱帽としか表現が出来ません。
 [ 作品観:B ]
 実は本筋とはあまり関係は無い。


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:9 構成:10 総合:27 ]
 京アニめ、立て続けのダンス仕立てに、そうそう食いつくと思…なんて反抗心は2秒でポッキリ。しっかり手のひらで踊らされました。やっぱり音と映像のシンクロって、それだけで快感なんだよね。これだけのクオリティとくれば見とれる他なし。
 [ 作品観:C ]
 どんな作品かなんて判るか!w


 KYOU
 [ 曲:8 映像:7 構成:9 総合:24 ]
 とにかく曲と映像を合わせにきてます。その分構成のポイントが高くなってしまった。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]
 歌詞がよく聞き取れないけれど、なんだか勢いで押し切られてしまう。良くも悪くも印象に残る曲調が頭から放れません。冒頭の掛け合いは実に懐かしい。「さあ、始まるざますよ。」
 [ 作品観:A ]
 パロディがわかると楽しいかな。


 なっぱ イチオシ!!
 [ 曲:10 映像:6 構成:9 総合:25+3
 中盤で大人4人の紹介が少々ダレ気味。ボンボンが宙を舞う部分もデジタルっぽくて違和感がある。更にそこから夜空に繋がるのが意味不明。などと精一杯の粗捜しをしてみましたが、この中毒性を前にすれば全ては吹き飛んでしまう訳で……。
 [ 作品観:S ]
 最高!


 rizing
 [ 曲:6 映像:6 構成:6 総合:18 ]
 キャラクターが踊るというノリをうまく表現した作品。また、キャッチーな曲であり非常に分かりやすい。惜しむらくはノリとノリのつなぎの部分の作りこみが甘く、ちょっと間が抜けてしまった感があることか。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:9 映像:9 構成:9 総合:27 ]
 畑亜貴さんの歌詞が天才的で理解不能…しかし一度聴いてしまうとOPの映像が頭から離れません!!これはもはや洗脳といってよいでしょう。チアダンスのシーンはめんどくさそうな作画ですが、とてもよく動いてますね。
 [ 作品観:A ]
 パンツじゃないってのはわかってるんですが


 KING
 [ 曲:6 映像:6 構成:8 総合:20 ]
 いきなり怪物くんかよ!?そして歌詞が全然聞き取れないくらい早口でまくしたてる主題歌。それに合わせる事に終始した構成の映像。とどめは主題歌名。これには爆笑。とにかくインパクトはありました。
 [ 作品観:- ]


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]