忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16
Posted by - 2017.09.25,Mon
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2011.01.22,Sat

「笑顔が絶えない。これこそけいおん。」


                                         [カット選出 YoGAN ]

 Utauyo!!MIRACLE / 放課後ティータイム(桜高軽音部)
            寿美菜子 (琴吹紬)  佐藤聡美 (田井中律)
            竹達彩奈 (中野梓) 豊崎愛生 (平沢唯)
            日笠陽子 (秋山澪)

    作詞:大森祥子
    作曲:Tom-H@ck
    編曲:Tom-H@ck

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:山田尚子
    演出:山田尚子 石原立也
  作画監督:堀口悠紀子
  楽器作監:高橋博行
    原画:北之原孝将 高橋博行 武本康弘 浦田芳憲
       坂本一也 西屋太志 紫藤晃由 秋竹斉一 福島正人
       唐田洋 岡野文恵 内藤直 池田さやか 羽根邦弘
       鴨居知世 辻雅俊 丸木宣明 澤真平 池田和美
       牧田昌也 牟田亮平 河浪栄作 佐藤達也 内海紘子
       引山佳代 門脇未来 柏木平 野ノ上翠 山村卓也

    監督:山田尚子
    制作:京都アニメーション


 norito
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]

 教室ライブ風の楽しげなシーンからもうおもちゃ箱をひっくり返したかのような怒涛のカット割で圧倒されました。HTTの曲も毎度のことながら豊崎さんボーカルの言語化しがたい魅力に満ち溢れています。
 [ 作品観:S ]
 HHTメンバー5人の特徴がよく出ている。


 YoGAN イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:9 構成:10 総合:28+3 ]

 NGも取り入れたメイキング風のPVがきたよ。手ブレやピンぼけなど、手作り感の演出も実に巧み。活き活きした学園生活がいっぱい詰め込まれています。サビで魅せるライブシーンの完成度と、日常とのギャップがとてもチャーミング。
 [ 作品観:S ]
 教室ライブシーンのモブ子達まで丁寧なので完成度が高まる。


 KYOU
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]

 前回も書いたと思うが、曲に合わせて演奏していくことで登場人物の紹介をしていくオープニング作品の典型的なパターン。まあ、この作品的にはこのパターンがもっとも効果的であることは、言うまでも無い。
 [ 作品観:- ]
 


 斬九
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]

 笑顔が絶えない。これこそけいおん。楽しそうなのが良く伝わってくる。唯がステージ上でクルッと回るシーンが3回あるけど、最後だけ観客も回っている所はしばらく気が付かなかったなぁ。
 [ 作品観:S ]
 「ごはんはおかず」がタイトル的にも曲的にも大ヒットだった。


 りじんぐ
 [ 曲:4 映像:7 構成:7 総合:18 ]

 相変わらず良く動く。部室でのワンシーンを中心にカットインしていくのは流石という所。曲の点が低いのは、歌が早口で何言っているのか聞き取れず好みではないから。多分、自分が歳取ったからだろうけど…?
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]

 手作り感のある構成にすることで、作中のキャラ達が作ったライブ映像のような印象を持たせた点が素晴らしい。部活の仲間や友達が大好きだよって気持ちが伝わってくる点も○。そして前半OPに引き続き、やっぱりあいなまさん専用曲。
 [ 作品観:A ]
 前の客の頭が邪魔で律っちゃんのパンツが見えないのに腹が立った


 上条あきら
 [ 曲:6 映像:9 構成:7 総合:22 ]

 軽音部の面々の学園モノというのが伝わってきた。絵は動くもののどうもキャラの表情が乏しく?どこのコマも同じような顔をしており前半・中盤・後半などのメリハリが感じられない。萌え声がバックのバンド音に負けて何を歌っているのか聴き取れない。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]

  部活動紹介的な手作り感のある映像に親しみを感じますな。歌は相変わらず早口ですが楽しげな映像とのマッチングで魅力倍増って所か。 キャラ紹介の部分よりも学園生活の楽しさが伝えようとしてるのもまたいいね。
 [ 作品観:A ]
 楽屋裏な感じの映像まで入ってるのがポイント高し


 キルシェ
 [ 曲:7 映像:8 構成:9 総合:24 ]

 キャラがよく動き曲との一体感も高くてクセになりそうなOP。何と歌ってるかよく分からないところもありますが勢いよく突っ走るのが大切っぽいので気にしない方が楽しめるでしょう。二期という貫禄を感じさせてくれます。小ネタにもニヤニヤ。
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 [ 曲:8 映像:9 構成:9 総合:26 ]

 曲がノリノリにもかかわらずサビ以外はまったりとした感じのギャップがあるが不自然ではない。むしろ曲調にちゃんと合っていると思えるのが凄い。曲のパワーに負けない構成がGOOD!
 [ 作品観:S ]
 本編の騒がしさもまったり感も全部入ってる


PR
Posted by YoGAN - 2011.01.22,Sat

「いつのまにか脳内ヘビーローテーション」


                                         [カット選出 キルシェ ]

 侵略ノススメ☆ / ULTRA-PRISM with 金元寿子
    作詞:月宮うさぎ
    作曲:小池雅也
    編曲:小池雅也

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:迫崎史敏
    演出:迫崎史敏
  作画監督:石川雅一
    原画:須永正博 植田均 苫政三 野崎真一
       井出直美 森田修輔 本多美乃 小菅和久
       迫崎史敏

    監督:水島努
    制作:ディオメディア


 norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]

 イカちゃん、かわいいよ、イカちゃんの一言で集約されてしまう構成にもう無条件降伏じゃなイカ?とまあお約束表現を交えるこの程度の感想しか僕の文章力では書けないでゲソ。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:6 映像:8 構成:7 総合:21 ]

 のっけから電波全開、イカ娘のイカ娘によるイカ娘のためのフルコース。イカちゃん大贔屓な構成ですが、周囲の人達との繋がりも意識されていますね。映像もしっかり動くので浮ついた感じはないし、ドット画の遊びもあって楽しい仕上がりです。
 [ 作品観:S ]
 侵略!イカ娘が最初にくる、歌詞も全力。キャラ相関も◎でゲソ。


 KYOU
 [ 曲:7 映像:8 構成:9 総合:24 ]

 曲が、この作品のためのものであるため、映像とあわせやすいのが当然なわけで、したがって、構成面の評価が高めになるわけですが、オープニング曲がオリジナルなんて昨今珍しいですよね。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:8 映像:7 構成:10 総合:25 ]

 「侵略」と言いながら丸めこまれてる感が溢れていて和む。歌が上手いとか思わないけど使われている絵が良く中毒性が高い。別に脳内をこの曲に侵略なんかされていないよ。
 [ 作品観:S ]
 侵略されたと思って一度見てみなイカ?


 りじんぐ
 [ 曲:6 映像:7 構成:6 総合:19 ]

 ノリのいい歌と、ドジっぷりでよく動くキャラクターが番組の雰囲気=ギャグに溢れた本編を想像させてくれる作りが好感できる。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:7 構成:6 総合:20 ]

 イカ娘可愛いというテーマに沿って作られた映像。イカ娘可愛い。しばらく聴いていると「侵略侵略♪」と思わず口ずさんでしまう歌詞もGood!イカ娘可愛い。ただ様々なネタを仕込んだため、まとまりが無くなっているように思える。イカ娘可愛い。
 [ 作品観:B ]
 下に履いてるのは水着のはずなので見せても問題ないはずなんだが……


 上条あきら イチオシ!!
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24+3 ]

 曲のノリや歌詞は作品の内容にあっていて、映像も遊び心もあり「イカ娘」というこの作品にとても合っていると思う。ちょっと出だしの侵略!侵略!の連発は個人的にしつこいが(^^;;
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]

 冒頭の「侵略!」連呼のインパクトは普通じゃないというか通報したくなるレベル。それがいつの間にか脳内ヘビーローテーションになる辺り見事なまでの洗脳ソングです。映像もテンポ良く作られていてギャグ絵の配分も上手いです。
 [ 作品観:S ]
 イカも哺乳類だモーン!


 キルシェ イチオシ!!
 [ 曲:10 映像:9 構成:8 総合:27+3 ]

 最初からタイトル連呼の王道的アニメソングな時点で個人的に◎。コロコロ変わるイカ娘の表情や動きが見もの。上手にまとまってると思います。
 [ 作品観:S ]
 OP映像を薄めずに散りばめたのが本編と言ってもいいくらいの内容ですね。


 まえちゃん イチオシ!!
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24+3 ]

 曲とか映像とか構成とかどうでもよく思える・・・。このOPが伝えたい事はただ一つだけ・・・「イカ娘かわいい」
 [ 作品観:S ]
 イカ娘かわいい


Posted by YoGAN - 2011.01.22,Sat

「いや、これ、ここまでやってしまっていいの?」


                                          [カット選出 norito ]

 大和撫子エデュケイション / トリプルブッキング
    作詞:こだまさおり
    作曲:山口朗彦
    編曲:菊谷知樹

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:杉生祐一
    演出:杉生祐一
  作画監督:古田誠 石森愛 平口季美子
    原画:古田誠 大久保宏 中井準 井元一彰
       菊田幸一 内田孝之 鈴木信吾 吉原達矢

    監督:金澤洪充
    制作:GoHands


 norito イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:7 構成:9 総合:25+3 ]

 モザイク無いと無理な絵入れるとか…いいぞもっとやれ状態の勢いで突っ走った構成が個人的に拍手喝采ものですね。(笑)S・Y・S・Y・D!の合いの手のカットとかポイントも押さえているのも好印象です。
 [ 作品観:A ]
 原作どおりアリアがはいてない・・・。


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]

 ピッピッピの三三七拍子、無表情で可愛い。歌の担当パートに映像を合わせるのは、メインCVによる主題歌ならでは。リズムに合わせたハンコも小気味いいですね。盛大な下ネタも、エロよりバカバカしく思えるバランス感覚が素晴らしい。
 [ 作品観:A ]
 学校の日常でキャラにスポットをあてるので、至極分かりやすい。


 KYOU
 [ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]

 こちらもオリジナル曲ですが、あまり合わせきれていないタイプ。こうしてみると構成面のポイントを獲得するのは、なかなか難しいものだと思います。メインキャラの紹介を中心に構成された作品。
 [ 作品観:C ]
 ギャグストーリーだけに、本編内容に触れられない部分がある


 斬九
 [ 曲:8 映像:7 構成:8 総合:23 ]

 最近増えてきた出演声優さん達による限定ユニット。特別な事はしてないけど、テンポも良くて好きな方。ただそんな事よりも何だろうね、このモザイク祭りは?
 [ 作品観:- ]


 りじんぐ
 [ 曲:7 映像:7 構成:4 総合:18 ]

 下ネタのインパクトが大きすぎて、他の事は考えられない(笑) いや、これ、ここまでやってしまっっていいの?(^^;; ここまでやってしまうバカさ加減は凄いけど、ついて来られる人がどれだけいるのやら、ちと不安な面も。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]

 アップテンポで早口な曲に負けない勢いで繰り広げられる映像劇から目が離せませんでした!かなり動いているけど、動きだけじゃなく、画面を広く使うために斜めにした構図を多様した辺りにもこだわりが感じられて好印象!
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:6 映像:6 構成:5 総合:17 ]

 自己紹介が続き、最後は屋上で集合図!生徒会の面々の学園ものと大人なキワドイ話があるアニメだという事は表現されていたと思う。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:6 映像:6 構成:7 総合:19 ]

 騎士道大原則ひとーつ!に吹いた。 イントロ部分とかスタンプで自己紹介とか評価するべき所はあるんだろうけど下ネタ多すぎて全部霞んでしまった。その攻めの姿勢だけは評価したい。
 [ 作品観:- ]


 キルシェ
 [ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]

 OP映像でのキャラ紹介が、そんなに人数が多くないこともあってスッキリまとめられてる点は評価したいです。曲もよく合ってると思いますが、何故か印象は薄めなんですよね。
 [ 作品観:A ]
 本編は下ネタまみれだと伝える役割は十分に果たしてると思います。


 まえちゃん
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 OPでアニメの内容と各キャラの役どころが想像できそうな感じのいい内容。ただ、最後の部分が少々尺余り気味に感じる構成だったのが残念。最後まで走り抜けてほしかった。
 [ 作品観:- ]


Posted by YoGAN - 2011.01.22,Sat

「TMさんの曲との相性はホントに抜群」 「熱い。とにかく熱い。」


                                       [カット選出 まえちゃん ]

 SWORD SUMMIT / T.M.Revolution
    作詞:井上秋緒
    作曲:浅倉大介
    編曲:浅倉大介

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:野村和也
    演出:江崎慎平
  作画監督:大久保徹
    原画:堀内博之 神戸洋行 片桐貴悠 横杉晋作
       小倉典子 矢崎よしみ 中嶋敦子 板垣伸
       冨永拓生 黄瀬和哉 今井有史 木村貴宏
       胡拓磨 輝町使高 手塚響平
  動画検査:菅田朋子
   色指定:広瀬いづみ 佐藤真由美
  制作進行:荻野宏之

    監督:野村和也
    制作:Production I.G


 norito
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 このトンデモ武将たちはいったい何と戦っているんだ・・・という疑問は相変わらず尽きない構成なのですがレボレボの曲の勢いにごまかされてしまいました。秀吉の圧倒的存在感も非常に映えていていいOPだと思います。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:7 映像:6 構成:6 総合:19 ]

 ライバル同士の対立軸を色濃くした二期らしい作り。ラオウ秀吉も相当にキテますが、使い古された感もあるかな。BASARAらしからぬ、無難で定番な構成が物足りず。足軽ダンサーズばりの、遊び心・悪ふざけのノリを味わいたかったです。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]

 熱い。とにかく熱い。曲も、映像の内容についてもそうコメントするのが、一番よいかと思う作品。曲と映像は前半部分でかなり合わせてあるため、構成面で高いポイントをつけています。
 [ 作品観:A ]
 もともとゲームですし、オープニングを見れば、本編の内容は一目瞭然かと。


 斬九
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 踊る足軽がいないのが全然物足りない。主要人物を紹介する今回のパターンが普通すぎると余計に感じてしまう。もうちょっと奇抜な演出が欲しかった。まぁ一応、一人規格外の大きさの人が出てきますけどね。
 [ 作品観:- ]


 りじんぐ
 [ 曲:7 映像:7 構成:6 総合:20 ]

 主人公二人に絞った描き方は非常に分かり易く、また敵のラスボス的表現も分かり易いが、途中に挿入されるキャラクターは格好いいカットの挿入に終始してしまいストーリー的に表現できなかったのはなんとも残念。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:6 映像:9 構成:8 総合:23 ]

 1期の足軽ダンスのインパクトは強烈だったが、今回は馬鹿デカイ秀吉に呆然……。日本列島を手の上に乗っけてるし。そんなBASARA的解釈の一方で、秀吉が自治権を認めていた蝦夷が支配から逃れている辺りに妙なこだわりを感じました。
 [ 作品観:A ]
 当たり前だけど、俺の浅井長政様がいない……。


 上条あきら
 [ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]

 いろんな戦う武将達がいる中、大きな敵に向かって、人気キャラがタッグを組んだ・・・ということはわかったので第二期の内容は表現されていると思う。曲は何を言っているのか聴き取れない。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:7 映像:8 構成:6 総合:21 ]

 変な芸人さん大集合の後、何かデカイ人きたー! 光ったー!馬ごと飛んだー!奴は鳥かー! 何このツッコミ殺し! アメリカ人が考えた昔の日本でもここまではしないさ!
 [ 作品観:- ]


 キルシェ
 [ 曲:9 映像:7 構成:7 総合:23 ]

 スピード感のある颯爽とした映像は、素直に格好いいと思います。こういうジャンルのアニメとTMさんの曲との相性はホントに抜群だと思います。
 [ 作品観:- ]


 まえちゃん
 [ 曲:9 映像:7 構成:6 総合:22 ]

 奇をてらわず、キャラのかっこよさと曲調に合わせることに集中したOPという印象。前作のOPの方が全然遊び心があったので好きだったのだが放映の時間帯を考えると仕方ないのかもしれない・・・。
 [ 作品観:A ]
 だいたい合ってる


Posted by YoGAN - 2011.01.22,Sat

「メイド&イリュージョンのマジックアワー」


                                          [カット選出 KING ]

 DOWN TOWN / 坂本真綾
   作詞:伊藤銀次
   作曲:山下達郎
   編曲:服部隆之

 オープニングスタッフ
 絵コンテ:梅津泰臣
   演出:梅津泰臣
 作画監督:梅津泰臣
   原画:河口俊夫 阿部望 高橋しんや 石原満
      赤井俊文 田中孝弘 松本圭太 浅野直之
      新垣一成 奥田陽介 伊藤祐毅 黒柳トシマサ
      るたろ~ 安食佳 栗原基彦 大塚舞
      鳥山冬美 越後光崇 滝山真哲 梅津泰臣

  総監督:新房昭之
   制作:シャフト


 norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:7 総合:21 ]

 ひょうきん族EDのカバーとかオッサンホイホイすぎるだろ。メイド姿のキャラが踊り回るミュージカル調構成は懐かしい感じがしつつも視聴者の年齢層で印象変わるOPかも。ただし、ババァてめーはダメだ。(笑)
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:9 構成:10 総合:27 ]

 メイド&イリュージョンのマジックアワー、なんですかこの不思議空間は。振り付けの所作のひとつひとつがとても可愛らしく、楽曲がSEに聞こえてしまうカットインも絶品。最後に素の歩鳥が出てきて、舞台の一幕を見せたと思わせる〆…完璧だ。
 [ 作品観:A ]
 たっつんのスカートを思わず二度見してしまう、この魔力…。


 KYOU
 [ 曲:8 映像:7 構成:8 総合:23 ]

 曲も映像もサクッと見られるこのシンプルさがたまらない作品。スタッフロールがこぼれたコーヒーだったり、メニューに書かれているのは、喫茶店であるこの作品としては、お約束か。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:8 映像:7 構成:8 総合:23 ]

 カバー曲をOPに使うとはまた珍しい。それを坂本真綾さんに歌わせたのもイイ。ミュージカル調にして綺麗にまとまっているし。良い意味で無難ですね。
 [ 作品観:- ]


 りじんぐ
 [ 曲:6 映像:7 構成:5 総合:18 ]

 PV的に一つの世界観を構築しているのは素晴らしい。…しかし、どういった番組なのか一切見えてこない。
 曲は、別番組の主題歌を敢えて使う意味が分からない。番組の顔だけにオリジナルで勝負して欲しかった。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:8 映像:9 構成:8 総合:25 ]

 ジャズっぽい楽曲がレトロな雰囲気を醸し出すことに成功している。軽快に回されるモップやトレーから目が離せないよ!てか、梅津泰臣さんがいつもの超絶作画をそのままに、それ町のキャラをちゃんと描いていることに驚き!
 [ 作品観:B ]
 あれだけスカートを翻してパンツが見えないのはもはや異常事態。


 上条あきら
 [ 曲:4 映像:8 構成:7 総合:19 ]

 めくるめく楽しい映像。OPだけで音楽PVのよう。完璧に完成している。しかし作品の顔であるOPに過去の有名カバー曲をもってくるのはどうだろうか。誰もが「♪土曜の夜は~♪」「ひょうきん族(`・ω・´)!」と感じてしまうかと。惜しい。
 [ 作品観:- ]


 KING イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:9 構成:9 総合:27+3 ]

 主題歌がおっさんホイホイの上に良アレンジ。小洒落たメロディに乗って生き生きとステップを踏むキャラクターは非常に魅力的な空間を作り出してますな。その上で明石屋さんま的なキャラまで配置されたらもう花丸をあげるしかないぜ…
 [ 作品観:B ]
 冷静に考えるとOPサギじゃね?土曜日の夜じゃないし(笑)


 キルシェ
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 シャフトということでもっとキワモノっぽいのを想像してたら曲のこともあり意外と落ち着いた感じで、これはこれで有りです。この曲はむしろEDで流れるものというイメージを持ってる30代は多いと思います。私もそう。
 [ 作品観:A ]
 歩鳥の元気さは伝わってきます。本編はそれほどメイド成分は多くないですが。


 まえちゃん
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]

 映像作品として見るとすごくいいのだけれどOPとして考えるとどうなのかな?各キャラの色がパッと見わかんないしアニメ内容もさっぱり見えてこない・・・ように見えて本編見た後だとキャラの色やああーって思うところが出てるのがわかる。
 [ 作品観:A ]
 でもまあ楽しい感じは出てるよね


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]