忍者ブログ
作品の「顔・看板」であるオープニングアニメーションのレビューをしています。
[1] [2] [3
Posted by - 2017.11.21,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by YoGAN - 2010.08.24,Tue
「悲壮感漂う映像が不思議と涙を誘う」


                                         [カット選出 YoGAN ]

 レイン / シド
     作詞:マオ
     作曲:ゆうや
     編曲:シド、西平彰

 オープニングスタッフ
   絵コンテ:池添隆博
     演出:池添隆博
   作画監督:永作友克
     原画:石野聡 かめだよしみち 飯島弘也 小木曽伸吾
        坂本修司 三室健太 光田史亮 原田大基 朴性厚
        まじろ 日下部智津子 西田亜沙子 池添隆博
        永作友克
 動画チェック:岩長幸一
 色指定・検査:中尾総子
     背景:草薙
     撮影:古本真由子、竹井良幸

     監督:入江泰浩
     制作:bones


 norito
 [ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]

 ソニー系のタイアップ戦略は正直曲レベルで高い点がつけられないシロモノが多いのですがこれはスタッフ頑張った!感動した!と思えました。物語のクライマックスを思わせる全体的な物悲しさが心に残るタイプのOP。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 「雨」は何を意味する問いかけなのか。重厚で芯のある胸打つOPです。キャラへの絞り込みも、これぞ!というカットが目白押しで、中でもブラッドレイの残心が最高。冒頭にある「新しい朝」が、エドの元に訪れる最後の余韻にも、しんみりくるなぁ。
 [ 作品観:S ]
 母の人体錬成に始まる、物語と主題を内包したスケールの大きさに喝采。


 KYOU
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]

 オープニング曲としてはかなり落ち着いた曲をもってきたなというのが、第一印象。構成面では、単語よりも歌詩の内容に映像を合わせたタイプ。曲調から考えれば、こうした合わせ方のほうが、しっくりくると思うので、構成のポイントが高くなりました。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:10 映像:9 構成:10 総合:29 ]

 内に秘めている静かな思いがジリジリ伝わってくるクラマックスというのもアリだな。バラード曲が、胸にグッと迫ってくるような臨場感に溢れてていい。映像も歌詞にバッチリとリンクしているし、多数の登場人物も流れるように自然に出しているのが自分好み。
 [ 作品観:S ]
 ストーリーを知っていれば、さらにこのOPの良さがわかる。


 りじんぐ
 [ 曲:8 映像:6 構成:7 総合:21 ]

 主要キャラクタを散りばめつつ、歌に合わせてしっとりと描きます。うまく歌に合わせたなぁ~と言う印象。キャラクターの説明はありませんが、もはや最終話近くなので説明不要という事なのでしょう。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]

 OPとしてはかなり珍しいバラード調の曲。それに乗せた悲壮感漂う映像が不思議と涙を誘う。のしかかる様な雨雲の下、降り始める雨と共に紡がれる戦いの映像から目を離せない。
 [ 作品観:A ]
 5人の人柱候補やレイプ目の大佐とか、本編のネタバレ事項が各所に


 上条あきら
 [ 曲:6 映像:9 構成:7 総合:22 ]

 アクションだけで終わってない物語の深みを描いている。タイアップ曲にも関わらずそれに合わせた画面作りを意識しており、その雰囲気が上手く視聴者の心を掴む作りになっていると思う。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:9 映像:8 構成:7 総合:24 ]

 長かった物語の終わりを感じさせるバラードに乗せて高密度の映像が展開されていく。ただし映像が全体的に早回しで詰め込んでる感が強く、曲のテンポと合っているとは言い難い。 もっとメリハリを付けた方が盛り上がったのでは。
 [ 作品観:S ]
 ネタバレ気味だがラストカットに希望が見えるのはいい事かも。


 まぬけづら
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]

 様々な場面が乱舞する映像は一見しただけで引き込まれる。断片的な映像はこちらの想像をかき立て、物語への没入を深めます。個人的な感情を抜きにすると、作品のオープニングとしては今期屈指です。
 [ 作品観:S ]
 「最初からやり直す」という2期は開始当初不安でしたが、杞憂でしたね!


PR
Posted by YoGAN - 2010.08.24,Tue
「男性の私でもはまってしまいそう」


                                         [カット選出 りじんぐ ]

 十六夜涙 / 吉岡亜衣加
    作詞:Yumiyo
    作曲:谷本貴義
    編曲:太田美知彦

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:大張正己
    演出:大張正己
  作画監督:中嶋敦子
    原画:番由紀子 日向正樹 中山由美 貞方希久子
       渡辺敦子 飯塚晴子 水村良男 北村広大
       椛島洋介 秋山由樹子 山根理宏 野田康行
       植田実 結城信輝
       STUDIO G-1NEO
        大張正己 大籠之仁 河野さち子

    監督:ヤマサキオサム
    制作:Studio DEEN


 norito
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 女性主人公逆ハーレム系作品にこんな高い点つけちゃうなんて悔しい!でも(ry
 和を強調した格調高い曲と定番ですが登場キャラ紹介からバトルにつながる構成が映えていて実にカッコイイ出来のOPだと思います。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 90年代の林原ソングを思わせるメロディと歌声。懐古的な曲に惹かれます。手前に全身・背景にアップ、種以来の定番構成はヒネリが足りないけど、後半の女の子が可愛い。あとサビ手前のコーラスが、何時聴いても「アッー!」に聞こ…ゲフンゲフン。
 [ 作品観:- ]


 KYOU イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:9 構成:7 総合:25+3 ]

 背景に使われている光の使い方が上手い。あと、特にタイトルにあるからなのであろうが、桜の花びらが効果的。登場人物の紹介をしつつ、本編のストーリー紹介をしているタイプだが、珍しくかなり物語の核心部分にまで踏み込んでいる感じがしている。
 [ 作品観:A ]
 コメントでも触れたが、ストーリーの核心部分までせまっている


 斬九 イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:8 構成:7 総合:24+3 ]

 とにかく、歌がカッコイイです。これかなり重要ですよ。メリハリきいた曲調に、正直言って惚れこみました。最初のイケメンキャラのPVみたいな感じが気になってしまって、終盤の申し訳程度にでてきた女性キャラが不憫に思えて仕方がなかった。
 [ 作品観:A ]
 生き残る条件、それはただイケメンであること。


 りじんぐ イチオシ!!
 [ 曲:8 映像:9 構成:8 総合:25+3 ]

 「桜」が美しいですね。やはり和は美しい。歌も和を意識した様な作りで、作品に合っています。女性受けしそうな、和服と剣と幕末という様な作りですが、なかなかどうして、まとめてみると美しい効果を奏でるものです。男性の私でもはまってしまいそう。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:7 映像:6 構成:6 総合:19 ]

 純和風テイストを醸し出す曲が印象深く、耳から離れない。決めポーズと共にカットインされる映像もメリハリがあって良し。中島敦子の絵も耽美な雰囲気を醸し出すことに一役買っていて○。
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]

 美麗な作りと、和風のイメージが徹底していると思う。タイトルの桜もね☆曲もアニソンのようでいて歌謡曲。素敵です。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:7 映像:8 構成:6 総合:21 ]

 変な幕末キター!と野郎ばかりでいかにもな前半パートで苦笑するも後半に女性キャラが出てきてホッとしているオレがいる(笑)映像は綺麗ですが構成はいたってシンプル。
 [ 作品観:- ]


 まぬけづら
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]

 映像でまず目を引くのはガラスの小瓶。中の赤い液体が妖しい輝きを放っています。冒頭にこのアイテムを出すことで、後の画にさまざまな想像をさせる余地を持たせることが出来ていて、すばらしい。物語性のあるオープニング。
 [ 作品観:A ]
 千鶴が青年剣士の他に芸妓の服装をしていて素敵かと思いきやあれ女装男子。


Posted by YoGAN - 2010.08.24,Tue
「こういう「懐かしさ」を感じさせるモノについ惹かれてしまいますね」


                                          [カット選出 KYOU ]

 青空トライアングル / 真堂圭・高垣彩陽・MAKO
    作詞:只野菜摘
    作曲:NARASAKI
    編曲:NARASAKI

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:木村隆一
    演出:木村隆一
  作画監督:大塚舞
    原画:横山なつき 正野扶小子 坂本勝 本村晃一
       清丸悟 三浦貴弘 藤井辰巳 平智仁 河野恵美
       岩崎将大 井畑翔太 杉泊朋子 石川佳代子
       長谷川哲也

    監督:水島精二
    制作:GAINAX


 norito
 [ 曲:7 映像:8 構成:8 総合:23 ]

 こんな園児いるなら僕も保父さんになりたかったよ…。とにかくアニメーションにふさわしく何でもできる可能性を表現している園児キャラ達がかわいいなあ。メインキャラ3人のボーカルも味があって楽しめるOPだと思います。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 よい子のみんな、はなまるが始まるよ!と、おもちゃ箱がひっくりかえるジングルで早速取り込まれました。こども目線で描かれる慌ただしい一日から、不思議な世界へ躍り出て、それは本当に夢でした、で終わるほのぼの感。ああ癒される。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:8 映像:8 構成:8 総合:24 ]

 タイトルどおりではありますが、クレヨンで書かれた、はなまるや、絵がなかなかいい雰囲気を出している。主要メンバーの紹介を中心とした登場人物紹介系ですが、ほんわかとした曲に合わせた映像でほっとする感じ。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:6 映像:7 構成:8 総合:21 ]

 「この世界に悪人はいない!」と断言できる、いい人しかいなさそうな世界。なんとなく作品のぽわぽわした感じが伝わってきて、優しい目でみてしまう。ただ、ちょっとやんわりしすぎいて、曲の印象が伝わってこなかった。
 [ 作品観:A ]
 内容は、そのまんまな話。見ていると和む。


 りじんぐ
 [ 曲:6 映像:6 構成:6 総合:18 ]

 パステルカラーと小さいキャラクターが可愛いファンタジーな空間を描きます。淡い色を使い、世界観を統一しているところがいいですね。ただただひたすらに可愛く描いた…という所でしょうか。もう少し、物語性が欲しいな…と思う所です。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:6 映像:7 構成:7 総合:20 ]

 幼稚園を舞台にした作品ということで、クレヨンを基調にした映像にテーマ性が感じられて○。等身の低い園児たちがコロコロ動く姿が非常に可愛い点も良い。ただ1つ難点を挙げるなら、OP曲のサビ部がちょっとまとまりに欠けるかなぁ。
 [ 作品観:- ]
 


 上条あきら
 [ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]

 園児がわらわらで、クレヨンに、ぬいぐるみに、お空を飛んで パステルで 画面が移り変わり ほわほわな作りで締めて はなまるのイメージも確実に描かれていて○。
 [ 作品観:- ]


 KING
 [ 曲:7 映像:8 構成:7 総合:22 ]

 何この…何?と、どこまでがこの作品の現実でどこからがこの作品のメルヘンなのかが掴めない独特の世界観を作り出してますな。曲が妙に落ち着いてるからそのギャップもまた持ち味ですな。
 [ 作品観:- ]


 まぬけづら
 [ 曲:8 映像:9 構成:8 総合:25 ]

 全体を通して、ノスタルジーな雰囲気。少し疲れているときにはこういう「懐かしさ」を感じさせるモノについ惹かれてしまいますね。舌っ足らずで甲高いキンキン声が重なって響く主題歌。これもよい。
 [ 作品観:S ]
 自分が園児だったとき、世界はどのように映っていただろう? と思い出させる。


Posted by YoGAN - 2010.08.24,Tue
 「揺れるおっぱいに僕の審査基準も大幅に揺れてしまったようです」


                                          [カット選出 norito ]

 おしえて A to Z / 田村ゆかり
    作詞:ふじのマナミ
    作曲:太田雅友
    編曲:太田雅友

 オープニングスタッフ
  絵コンテ:山下敏成
    演出:山下敏成
  作画監督:八尋裕子
    原画:山下敏成

    監督:山本裕介
    制作:ハルフィルムメーカー


 norito
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]

 揺れるおっぱいに僕の審査基準も大幅に揺れてしまったようです。ある意味際どい表現のオンパレードなんですがそこをうまくマイルドに仕上げているのはいい感じ。Aメロの黒板の使い方とかもうまいなあ。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 これ見ちゃっていいのかな?というドキドキ感の演出がいいですね。曲を口ずさむ映像がとても可愛く、ダメと言われれるほどしたくなってしまう。そして揺れる人はゆっさりと、そうでない人は小揺るぎもしないこだわりも、大変素晴らしい。
 [ 作品観:A ]
 お色気Hアニメの伝統をしっかり受け継いでいる印象です。


 KYOU
 [ 曲:8 映像:8 構成:6 総合:22 ]

 冒頭のみを見たときは、久々に構成ポイントで高得点を取れる作品かと思ったのですが、その後はポイントが伸びていかず、残念でした。太陽光や、室内のライトの表現はよく仕上げてあると思います。
 [ 作品観:- ]
 


 斬九
 [ 曲:9 映像:8 構成:8 総合:25 ]

 メインキャラクターがカワイイ事は大前提なのはもちろん、キャラが文字を書いてそのままタイトルになるとことかが、昭和のアニメっぽさを醸し出していて良かった。山田が唇に手をあてて、ピョンピョン跳ねるのが不覚にも萌えてしまった。
 [ 作品観:A ]
 昔よくあったドタバタラブコメの平成版といったところ。


 りじんぐ
 [ 曲:7 映像:6 構成:6 総合:19 ]

 田村ゆかり嬢が可愛く歌い上げる歌に合わせて、キャラクターを可愛く散りばめています。ヒロインと、他の登場人物との関係が見えてこないのが残念ですが、ヒロインの可愛さが出てますのでよしとしましょう(^^)
 [ 作品観:- ]
 


 トール鉄
 [ 曲:6 映像:7 構成:6 総合:19 ]

 個人的には好きなアニメーター山下敏成のOP作品。歌詞に合わせてコミカルに動き回る主人公・山田の動きが見ていて楽しい。特に冒頭から始まるサビに合わせた動きが目を引く!反面終盤のインパクトは少し弱いか?
 [ 作品観:A ]
 小須田の背景はサクランボというのがなんとも……


 上条あきら
 [ 曲:6 映像:5 構成:5 総合:16 ]

 主人公が学校内や自室でのワンシーンがたくさん。ただかわいいだけの主人公が学園生活を黙々と送るだけの内容のアニメなのか?恋愛的な部分も相手の男の子の立ち位置もなんだかさっぱりわからない。
 [ 作品観:- ]
 


 KING
 [ 曲:6 映像:8 構成:7 総合:21 ]

 演出とか色々とあざといですなぁ(笑) 黒板を使ったお遊びとか面白いカットもありますが、主題歌も作風も好みではないせいか若干クドい印象です。
 [ 作品観:- ]


 まぬけづら イチオシ!!
 [ 曲:10 映像:9 構成:9 総合:28+3 ]

 様々な表情・服装を見せるヒロインらしき女の子の魅力がギュッと詰め込まれながら、、同時にキャラクター紹介も完璧にこなししている。歌もよく、トータルバランスの優れたオープニング。
 [ 作品観:S ]
 主題歌は恋する女の子の心情をうまく表現。ヒロインとシンクロしており必聴。


Posted by YoGAN - 2010.08.24,Tue
 「前半に出てくるノートの質感がすごい」


                                          [カット選出 KING ]

 できるかなって☆☆☆ / 阿澄佳奈・水橋かおり・後藤邑子・新谷良子
      作詞:畑亜貴
      作曲:村井大
      編曲:安藤高弘

 オープニングスタッフ
  ディレクター:宮本幸裕
    絵コンテ:山村洋貴
    作画監督:山村洋貴
      原画:阿部厳一朗 今村亮 大鹿舞衣 中村直人
         泉美紗子 谷拓也 松本元気 山村洋貴

      監督:新房昭之
      制作:シャフト


 norito
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]

 シャフトという会社はとにかくOPでいろんな可能性模索してるイメージなのですがこの作品だけはガチモードで毎回作ってるなあ。それだけに曲・映像・構成共にタイトルどおり☆3つレベルの良OPでした。
 [ 作品観:- ]


 YoGAN
 [ 曲:8 映像:7 構成:7 総合:22 ]

 ひだまりのOPは3回目で、その手法も大差ない…はずのに飽きないんだこれが。コールの判りやすい曲と、テンポ良い映像、鮮やかな色彩。黄金律とはこのことか。微笑ましく可愛いらしい、このツボに何度ハマってしまうんだ、くそう。
 [ 作品観:- ]


 KYOU
 [ 曲:8 映像:7 構成:9 総合:24 ]

 これまた冒頭部分だけで構成のポイントを稼いでしまったという感じ。これに関してはちょっと評価が甘かったかも。背景にドットを重ねている処理が独特。あと前半に出てくるノートの質感がすごい。そうした細かいところが目に付くちょっと変わった感じの作品。
 [ 作品観:- ]


 斬九
 [ 曲:9 映像:8 構成:9 総合:26 ]

 「しゅわしゅわ~しゅわしゅわ~」が耳から離れない。勢いで突っ切っていく曲だけど、映像それについてきているから一緒に駆け抜けた感がして実に爽快。見ていて楽しいと皆が思えるだろうなぁ。
 [ 作品観:S ]
 新キャラが2人加わって、さらに楽しくなった。


 りじんぐ
 [ 曲:7 映像:6 構成:5 総合:18 ]

 女子…高生でいいのかな?落書き等、普段の生活をうまく描いた感じの作りが楽しいですね。色も軽い感じで統一していて、ふわふわとした感じがうまく表現出来ていると思います。どんなストーリーなのか見えてこないのはご愛敬。
 [ 作品観:- ]


 トール鉄
 [ 曲:8 映像:8 構成:9 総合:25 ]

 3期目となる今作。今までよりもキャラクターの動きで魅せるといったアニメ本来のコンセプトが感じられて好印象!シャフト的なアクの強さが薄まって、比較的オーソドックスな作品として仕上がっている点を逆に評価したい。
 [ 作品観:- ]


 上条あきら
 [ 曲:8 映像:8 構成:7 総合:23 ]

 前回と一緒で メンバーが歌う明るい音楽にあわせて動き、パステルカラーや色も全体的にまとまっている。かわいらしさいっぱい!
 [ 作品観:- ]


 KING イチオシ!!
 [ 曲:9 映像:9 構成:9 総合:27+3 ]

 「ミカン(=未完成)で申し訳なカッター」という隠しメッセージは…許せる! イントロだけでノリノリになれるメロディの良さとバラエティに富みつつ、しっかり音に合わせてきてる映像は実に☆☆☆です。しかしノリスケのOP補正は凄まじいな…。
 [ 作品観:A ]
 相変わらずOPは本編から独立してます。


 まぬけづら
 [ 曲:7 映像:7 構成:8 総合:22 ]

 可愛らしくて、元気。それが歌にも映像にも現れていましたね。
 [ 作品観:A ]
 僕はあまりひだまりスケッチが好きではありません。


カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
最新CM
[08/07 dd]
[01/24 YoGAN]
[08/29 YoGAN]
[08/27 トール鉄]
最新TB
プロフィール
HN:
YoGAN
性別:
非公開
バーコード
ブログ内検索
アクセス解析
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]